Apple Watchで電池を節約して1日以上バッテリー持ちを維持する改善方法

スポンサーリンク

Apple Watchを実際に購入した方々のコメントを見てみると「電池は1日ギリギリ持つが切れそうで怖い」という声をチラホラ見かけます。

そこで本記事では、海外ブログで紹介されていた、Apple Watchで電池を節約して1日以上バッテリー持ちを維持する改善方法を紹介します。

Apple Watchのバッテリー事情にお悩みの方は、ご参照あれ。

photo by Maurizio Pesce

スポンサーリンク

Apple Watchで電池を節約する6つのコツ

コツ①:画面の明るさをなるべく下げる

スマートフォン同様、Apple Watchにおいても画面の明るさは電池持ちに大きく影響します。

そのため可能な限り明るさを下げることで、電池持ちを改善できます。

外出先など日光の強い場所では画面の明るさは必要ですが、室内では極力明度を下げるなど、状況によって柔軟に調整することをオススメします。

コツ②:盤面デザインを黒を基調としたテーマにする

液晶の特性上、明るい色より暗い色の方が相対的に消費電力は小さいです。

photo by Apple

個人の好みにもよりますが、黒を基調とした盤面のデザインでも良ければ、変更することでより電池持ちが改善されます。

コツ③:位置情報など情報更新は極力オフにする

この点もスマートフォン同様、バックグラウンドで動作したり通信し続けるアプリが多いと、どんどん電池が減っていきます。

常にスマートフォンと通信をしてApple Watch内で更新動作が行われていると、電池の減りは早くなるので、iPhoneからの通知をわざわざApple Watchで受け取る必要のないアプリとの連携はなるべくオフにしましょう。

コツ④:通知音は小さくするか オフにする

通知音が大きいほど、Apple Watchにかかる電池の負荷も大きくなります。

初期設定のままだと、通知を受け取ると小さな通知音が鳴るように設定されていますが、Apple Watchは腕に密着しているため、バイブでも十分気付くことができます。

そこで、電池節約のために、なるべく通知音は小さくするか、オフにすることをオススメします。

コツ⑤:通知が不要な状況ならおやすみモードにする

iPhone同様にApple Watchにも通信をすべてオフにする「おやすみモード」があります。

photo by Apple

例えば会議中やプレゼン中、彼女とのデート中など通知に邪魔されたくない時は、Apple Watchをおやすみモードにし通知が来ないようにしましょう。

雰囲気が保たれるだけでなく、バッテリーも同時に節約できるのでオススメです。

コツ⑥:使ってないならSiriをオフにする

iPhone同様にApple WatchでもSiriが搭載されています。

photo by Apple

腕時計と音声検索は親和性が高く、Siriは便利な機能ですが、ボクのように全く使っていない方もいるはず。

そのような場合ではSiriをオフにすることをオススメします。音声認識の待機状態が解除されるので、それだけで電池持ちが改善されます。

〆:明るさを下げ 使わない機能はオフにしよう!

以上、Apple Watchで電池を節約して1日以上バッテリー持ちを維持する改善方法 の說明でした。

本記事で紹介した6つのコツは、大まかに下記2点に分類できます。

画面の明るさはなるべく下げ 黒を基調とした設定にする

使わない機能はなるべくオフにする

もちろん電池持ちを意識しすぎて、本来使いたい機能まで制限してしまうのは本末転倒なので、自分の使い方に合わせて設定してみて下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

参考ブログ idownloadblog

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい