iPhone標準の株価アプリで5年/10年の長期間チャートを見る方法

スポンサーリンク

iPhoneで「株価」アプリを利用していますか?

最初にアプリを起動すると、Apple(AAPL)やGoogle(GOOG)など、アメリカ企業ばかり設定されていますが、個別に日本の銘柄を設定すれば、自分だけのポートフォリオ設定ができます。

ここで、基本的に株価チャートは2年が最長期間となっていますが、ある方法で5年 / 10年の長期間チャートを表示することができます。

そこで本記事では、その豆知識を紹介します。

photo by Dick Thomas Johnson

スポンサーリンク

iPhone 株価アプリで長期間チャートを見る方法

事前準備:iPhone 株価アプリを用意する

iOS 10以降では本体の公式機能として、プリインストールアプリでもホーム画面上から「見えなくさせる」ことができるようになりました。

もし株価アプリを消してしまった方は、下記再インストールリンクより取得して下さい。

株価

株価
開発元:Apple
無料
posted with アプリーチ

その他、iOS標準アプリの再ダウンロードリンク集については別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

iPhone / iPad 標準アプリの再ダウンロードリンク集まとめ! 消したiOSプリインストールアプリを復元する方法

それではさっそく下記より、iPhone 株価アプリで長期間チャートを見る方法を順番に說明します。

手順①:見たい銘柄を選択

まずiPhoneで株価アプリを起動し、チェックしたい銘柄を一覧から選択します。

今回は試しに、日経平均株価のチャートを見ることにします。

手順②:iPhoneの画面表示を横回転する

後は「iPhoneを横向きに回転」するだけ。

すると、

このように、2年が限界だったチャートの期間が、5年・10年と選べるようになりました

参考:左右フリックで 他銘柄も長期チャートでチェック可能

また参考知識として、左右にフリックさせることで、別で登録している銘柄についても、そのまま長期チャートで表示することができます。

例えば、日経平均株価の次に、KDDIを登録している場合、左へフリックすると、

このように、KDDIの株価も長期チャートで表示されます。

複数の銘柄のチャートを長いスパンでチェックしたいとき、重宝する使い方になります。

〆:シンプルだけど あまり知られていない

以上、iPhone標準の株価アプリで5年/10年の長期間チャートを見る方法 の說明でした。

とてもカンタンな豆知識でしたが、知っていた方は案外少ない、はず(ボクは最近まで知りませんでした)。

iPhoneで株価をチェックしている友人がいたら、ぜひ教えてあげて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい