Move to iOS – AndroidからiPhoneへ様々なデータを一度に移行! Apple公式アプリの使い方

スポンサーリンク

スマートフォンを新しい機種へ変更する場合、もしそれがAndroidからiPhoneへの切り替えだと、データ移行が悩みのタネとなるでしょう。

現在は様々なクラウドサービスが提供されているため、例えばGoogleアカウントとiCloudを用いることで電話帳を移行できますし、

関連記事

AndroidからiOSへ電話帳を移行する方法! 既存の連絡先を新しいiPhoneで引き継ごう

写真専用のクラウドサービス「Googleフォト」を介すことで写真データの移行もできます。

関連記事

iPhoneとAndroidで写真(画像)や動画(映像/ムービー)を移行(共有)する方法

が、どの方法もファイルデータの種類毎に移行作業が必要となり面倒ですよね。

そこで本記事では、AndroidからiPhoneへ様々なデータを一度に移行できるApple公式アプリ「Move to iOS」を紹介します。

photo by Pexels

スポンサーリンク

Move to iOS – 様々なデータを一度に移行できる!

Move to iOS – 移行できるデータ

「Move to iOS」を使うことで移行できるデータについて、Apple公式の説明によると、

連絡先 / メッセージの履歴 / カメラで撮った写真とビデオ / ウェブのブックマーク / メールのアカウント / カレンダー / 無料アプリケーション

となります。

これら複数のデータを一度の操作でAndroidからiPhoneへ移行できるのが本アプリ最大の特徴となっています。

下記よりさっそく使い方について說明します。

前提条件

「Move to iOS」を使うにあたり、使用するAndroid機とiPhoneには下記条件があります。

iOS 要件:9.0 以上の初期化されたiPhone

Android 要件:4.0 以上を満たすAndroid

特に注意が必要なのが、移行先のiPhoneは初期化された状態(=最初の「こんにちは」が表示されている、アクティベーションが完了していない状態)である点。

すでにアクティベーションを終え、初期設定をいくつか完了しているなら、再び初期化しないと「Move to iOS」による移行はできません。

手順①:アプリを入手する

まず、使用しているAndroid機に「Move to iOS」をインストールします。

Move to iOS
Move to iOS
Developer: Apple Inc.
Price: Free

Android 要件:4.0 以上

価格:無料

手順②:iPhone側で移行コードを表示

続いて、移行先であるiPhone側で作業をします。

言語やネットワークの設定など、いつものiPhone初期設定を進んだ後、復元方法の選択画面となるため、「Androidからデータを移行」をタップし、移行コードを表示させます。

手順③:Android側で移行コードを入力する

さて、移行元であるAndroid側での作業です。

インストールした「Move to iOS」を起動し、進んでいくと、コード検索となります。

コード入力画面になるので、手順②でiPhone側に表示されたコードを入力します。ここで、iPhone側で表示されるコードの桁数が6桁か10桁なので、桁数に合わせて、Android側で入力する桁数の画面を切り替える必要があります。

「10桁のコードがあります」をタップすると10桁の入力画面に、「6桁のコードがあります」をタップすると6桁の入力画面になります。

手順④:移したいデータを選択し いざ移行!

Android側で入力したコードが正常に認識されると、iPhone側の画面にAndroidの名前が表示されます。

本例ではAndroidの機種「SO-01F」が表示されてる。

この状態で、Android側で移行したいデータにチェックを入れ進むと、iPhoneでのデータコピーが始まります。

iPhone側、Android側で「転送が完了しました」と表示されれば、無事完了です。

〆:一度にデータ移行できて便利だが…

以上、Move to iOS – AndroidからiPhoneへ様々なデータを一度に移行! Apple公式アプリの使い方 の説明でした。

「Move to iOS」を使うことで、複数修理のデータを一度にAndroidからiPhoneへ移せるので、機種変更の際に大変便利です。

ただ、記事中の例でAndroid機はXperia Z1(SO-01F)を使用していますが、実はNexus 6Pでも試したところ、なぜかAndroid側で入力したコードが正常に認識されず、先に進むことができませんでした。その他、「Move to iOS」のレビューを見る限り、同様に成功しないケースも散見されてます。

そのため「Android機種の相性が良い」・「iPhoneが初期化された状態」以上2点の条件に合致するなら、ぜひ「Move to iOS」を試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい