[iOS] iPhoneやiPadのメモアプリで消去したノートを復元して元に戻す方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadの標準アプリである「メモ」は使っていますか?

シンプルなメモ帳として重宝する機会の多いアプリですが、使っている最中に意図せず間違えてメモを消してしまった!という声をたまに耳にします。

そこで本記事では、iOSのメモアプリで、一度消去したノートを復元する方法を說明します。

スポンサーリンク

iOSのメモで一度消去したノートを復元する方法

前提:間違えてメモを削除してしまった!

まずiOSのメモ上でノートを削除してしまったシチュエーションを前提とします。

削除した際に出るポップアップの通り、削除されたメモはその後30日間は一時的に別フォルダへ保存され、その後完全に消え去ります。

つまり、30日以内に復元作業をすれば、元に戻すことが可能です。

手順①:「最近削除した項目」を開く

まずメモを開き、トップ画面左上アイコンをタップして、フォルダ一覧を表示し、「最近削除した項目」を選びます。

手順②:編集より復元したいメモを移動させる

「最近削除した項目」フォルダを開くと、直近30日間で削除したメモ一覧が表示されます。ここで右上「編集」をタップし、復元したいメモを選択します。

選択した状態で左下の「移動…」をタップ。すると移動先フォルダの選択が求められるので、既存フォルダへ移動するか、または新規にフォルダを作りそこへ移動するか、選びます。

手順は以上です。

復元できた!

この通り、移動先のフォルダを開くと一度削除したメモが復元されています。

注意:削除したメモが「最近削除した項目」にない場合

もし過去削除したはずのメモが「最近削除した項目」にない場合、下記2点が理由として考えられます。

「最近削除した項目」からさらに削除してしまった

メモは一度削除すると、いったん「最近削除した項目」フォルダへ移動しますが、「最近削除した項目」フォルダ内のメモをさらに削除することもできます。

これは「完全にメモを消す」操作となるため、たとえ30日以内であっても復元することはできません。

メモを削除してから30日を過ぎてしまった

また復元したいメモが30日以上前に削除した場合は、すでに「最近削除した項目」フォルダからも消されているため、復元することができません。

〆:間違えて削除したらすぐ復元しよう!

以上、說明でした。

最後に紹介した注意点については、間違えて削除してからすぐに復元作業をすれば、問題なく元に戻すことができるはずです。

メモを消してしまって困っていたら、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい