iOSで機能制限パスコードをリセットする方法! もし忘れたらiPhone/iPadを強制初期化しよう

スポンサーリンク

iPhoneやiPadの機能制限を設定していますか?

うまく活用することで、特定アプリの利用を禁止したり、

関連記事

[iOS] 消せないプリインストールアプリをホーム画面から削除して利用も制限する方法 [iPhone]

特定サイトのみ閲覧を許可したり、

関連記事

[iOS] Safariで特定Webサイトのみ閲覧を許可する方法! iPhoneのブラウザで指定URL以外のアクセスを制限しよう

iOSのセキュリティ機能を強化することができます。

ただし、機能制限のパスコードは本体のパスコードとは別で設定されるため「つい忘れしまった!」という事例もちらほら。

そこで本記事では、iPhoneやiPadで機能制限パスコードを忘れた際に、リセットして初期化する方法を記載します。

スポンサーリンク

iOSで機能制限パスコードをリセットする方法!

まず状況として、機能制限パスコードを忘れてしまった時点から說明をスタートします。

この場合、解決策としては強制的にiPhoneやiPadを初期化する必要があります。

初期化を回避するためにはパスコードを思い出さなければなりません。

もし家族や友人など周囲の方でパスコードを知っていそうな人がいれば、まずは聞いてみましょう。

また多くの方は、機能制限パスコードとiOS本体のパスコードを同じにしているため、本体で設定しているパスコードの組合せを試して下さい。

手順①:データをバックアップする

初期化をすると、本体に保存された写真や電話帳などあらゆるデータが消えてしまうため、可能な限りデータのバックアップをしましょう。

ちなみに、Apple公式のバックアップの注意点として、機能制限パスコードが分からなくてもiCloudやiTunesを使ってバックアップをすることができますが、

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

この方法だと分からなくなった機能制限パスコードまで一緒にバックアップが実施され、機能制限が設定された状態で復元されてしまいます。そのため、結局問題を解決することができません。

そこでバックアップをする場合は、写真やムービー、LINEデータ等、個別コンテンツ毎にバックアップ作業を行う必要があります。

関連記事

Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法

手順②:強制的に初期化する

データのバックアップができたら、続いてiPhoneを強制的に初期化します。

方法としては下記3種類があります。

③:「リカバリーモード」で強制初期化する

④:DFUモードで強制初期化する

⑤:iCloudの「iPhoneを探す」で遠隔初期化する

③と④については、下記記事で詳細をまとめています。

関連記事

iOSをiTunesで強制初期化する方法! パスコードを忘れた/電源が入らないiPhoneを復元しよう

また⑤については、下記記事で詳細をまとめています。

関連記事

「iPhoneを探す」の使い方! 紛失/盗難時にiCloudから遠隔で場所を特定/画面ロック/データ削除する方法

ちなみに一般的なiOSの初期化手順として、「設定」から実行する方法がありますが、作業の途中で機能制限パスコードを要求されるので、パスコードが分からないと初期化することができません。そのため強制的な初期化が必要となります。

iOSの初期化方法は別記事で整理しているので、合わせてどうぞ。

関連記事

iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう

手順③:データを復元する

初期化ができたら、機能制限パスコードの設定がオフになっているか確認してみましょう。

その後、バックアップしたコンテンツを個別に復元し完了です。

〆:機能制限の解除はつまづくポイントが多い

以上、iOSで機能制限パスコードをリセットする方法! もし忘れたらiPhone/iPadを強制初期化しよう の說明でした。

記事中で說明した通り、

バックアップは機能制限パスコードまで保存される

「すべてのコンテンツと設定を消去」だと機能制限パスコードが要求される

など、機能制限がかかった状態での初期化手順には色々と注意点があります。

もし機能制限パスコードを忘れてしまったら、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい