iPhoneやMacの純正カレンダーで 週番号を表示する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6968_10

iPhoneやMacの純正カレンダーアプリには、色々と隠れた機能があります。

本記事では、Appleのカレンダーアプリで、週番号を表示させる方法を説明します。

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのカレンダーで週番号を表示する方法

iOSデバイスのカレンダーアプリは、初期設定では下記のように、週番号が表示されていません。

6968_02

手順①:カレンダーの設定画面へ

「設定」 → 「メール/連絡先/カレンダー」と移動します。

手順②:「週番号」をオンに

あとは、「カレンダー」項目内にある「週番号」のトグルをオンにすればOKです。

下記の通り、月間カレンダー上に週番号が表示されるようになりました。

6968_01

ちなみに下記の通り、表示形式を変えても、週番号のオンが反映されています。

6968_03

Macのカレンダーで週番号を表示する方法

Macのカレンダーアプリも、初期設定では下記のように、週番号が表示されていません。

6968_07

手順①:カレンダーの環境設定へ

カレンダーアプリを起動し、メニューバーより「カレンダー」 → 「環境設定…」と進みます。

6968_04

手順②:「週番号を表示」をオンに

続いて、「詳細」項目をクリックし、「週番号を表示」にチェックを入れればOK。

6968_05

下記の通り、月間カレンダー上に週番号が表示されるようになりました。

6968_06

ちなみに、週表示日表示など、表示形式を変えても、週番号が表示されるようになっています。

6968_08

iCloud上のWeb版カレンダーでは表示できない

ちなみに、今回紹介した週番号は、iOS(iPhoneやiPad)とMacのApple純正カレンダーで適用できる表示で、iCloud上にあるWeb版カレンダーでは設定することはできません

6968_09

週番号を日常的に確認するなら オススメ

以上、説明でした。

ボクは普段、週番号はほぼ気にせず過ごしていますが、企業の中には、週番号で仕事の管理をしている場合もあるでしょう。

日常の中で、週番号を確認する頻度が高いなら、ぜひ本記事の設定方法を試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする