[iOS] Siriを用途別に制限する方法! 邪魔な機能は無効(オフ)設定で非表示にしよう [iPhone/iPad]

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)を使っていると、音声アシスタント機能「Siri」が意図せず起動してしまい、仕事中や公共の場で恥ずかしい思いをしたことないでしょうか?

普段から頻繁にSiri機能を使っているなら別ですが、ほとんど利用していないなら邪魔でしかありません。

そこで本記事では、用途別にSiriの機能を制限したり、無効(オフ)にする方法を紹介します。

photo by idownloadblog

スポンサーリンク

iOSのSiriを用途別に制限する方法!

記事中ではiPhoneを例に說明していますが、iPadでも同様です。

ロック画面上でSiriをオフにする方法

Siriはロック画面中でも起動するよう設定ができます。

もし、ポケットに入れている時や机に置いている時、iPhoneのSiriが勝手に反応してしまう点に困っているなら、ロック画面上でSiriをオフにしましょう。

「設定」→「パスコード」と進み、設定しているパスコードを入力します。

続いて、「ロック中にアクセスを許可」より「Siri」を見つけ、トグルをオフにすればOKです。

この設定をしても、Siriの機能が完全にオフになったわけではなく、ロック画面を開いた後の通常iPhoneを操作している最中は起動をする状態になっています。

Siriを完全にオフにする方法

ロック画面上に限らず、iPhoneを操作している際は常にSiriをオフにしたい場合、Siriの機能を完全にオフにしましょう。

「設定」→「一般」→「Siri」と進み、Siriのトグルをタップします。

「本当にオフにして良いですか?」といった内容が出るので、「Siriをオフにする」を選択すれば、完了です。

〆:使ってないならSiriをオフにしよう

以上、[iOS] Siriを用途別に制限する方法! 邪魔な機能は無効(オフ)設定で非表示にしよう [iPhone/iPad] の説明でした。

Siriをオンにしていると、バッテリー消耗や動作が重くなる要因にもなるため、全く使っていないなら、Siriをオンにしているだけで、誤動作の懸念があるだけでなく、iPhoneの負荷増加にも繋がる恐れがあります。

Siriをオフにしたいなら、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい