iPadのモデルはどうすべき? ボクがiPad mini Retinaをストレージ64GB / Wi-Fiモデルにした理由

スポンサーリンク

ボクは2013年冬に、iPad mini Retinaを買いました。Cellular機能がない「Wi-Fi限定モデル」で、本体のストレージ容量は64GBのタイプです。

昨今、iPad Proなど新しいシリーズが登場する中で、「iPadのモデルはどうすべきか?」は相変わらず悩ましい問題です。

そこで本記事では、ボクが今回iPad mini Retinaを購入するにあたり、「なぜWi-Fi + CellularではなくWi-Fi限定モデルにしたか」、「なぜストレージは16GBではなく64GBにしたか」について、ポイントを参考までにまとめています。

photo by John Karakatsanis

スポンサーリンク

iPadのモデルはどうすべきか?

Wi-Fi限定 or Wi-Fi + Cellular ?

まず1つ目の悩みどころが、iPadをWi-Fi限定モデルにすべきか、Cellular機能も搭載したモデルにすべきか、という点です。

iPad以外に保有するデバイスによって答えは分かれる

個人的にこの問題は、iPad以外に保有するデバイスが何か、によって答えが分かれる部分だと思ってます。

例えば、携帯電話はガラケーで、iPadはネットを外出先でするために購入した、という場合。外出先でWi-Fi限定モデルのiPadを使うためには、公共のWi-Fiに接続するしか基本方法がなく、どこでも使える環境ではありません。その点、Cellular機能も搭載したモデルの方が大いに利便性が高いでしょう。

テザリングがあれば基本 どこでも使える

一方、iPad以外に元々スマートフォンを持っている、またはPCを外出先で使うためにモバイルルーターを持っている、という場合なら、Wi-Fi限定モデルでもスマートフォンのテザリング機能やルーターを使って、外出先でもiPadを自由に使うことができます。

ただスマートフォンでテザリングを多用することで発生する欠点もあります。スマホの電池の消耗が悪化する点と、月間の帯域制限に引っかかるリスクがある点の2点です。

特に後者は、iPadで動画を見たりした月はすぐに帯域制限に達していまいます。

例えばボクの場合、外出中にiPadでYouTubeやニコニコ動画を見る際は、図書館やカフェなど、無料のWi-Fi環境があるところで利用するようにしてるので、そこまで問題ではありませんが、電車内などでも常に動画を見たい、という方には厳しいかもしれません。

まとめ:iPadの使い方とそのほかのモバイル通信環境を整理しよう

以上ここまでの說明の通り、iPad以外に保有しているモバイル通信環境(スマートフォンのテザリング / モバイルルーター)でiPadを運用できるか、またiPadでどのような使い方を考えているか、によってCellular機能も搭載すべきかが決まります。

最近は、カレンダーアプリやTo Doアプリ、メモ帳アプリなど、クラウド連動のアプリが増えてきたことで、デバイスを操作中に常にネットに接続されていることの重要性が増しています。

そういう意味で常時iPadがネットに接続できる状態にあること、は重要になります。

16GB or 32GB or … ?

次に2つ目の悩みどころが、iPad本体のストレージ容量を最低の16GB(または32GB)モデルにすべきか、それとも上位モデルにすべきか、という点です。

64GBあれば基本なんでも入る気がする

容量は64GBにしました。理由は今までの経験上、64GBあれば基本的に、どんなファイルでも入ると思っているからです。

僕が以前使っていたiPhone 4Sも64GBモデルだったのですが、動画や電子書籍、ゲームなど、盛りだくさん入れていたとき、50GBくらい利用していました。

これは逆にいえば、僕なりの”盛りだくさん入れる”では、64GBを超えることはなかったのです。

おそらく128GBモデルにする必要がある人は、過去に見た動画や電子書籍を常にiPadの中に保存しておきたい、という場合だと思います。

一方で、一度見た動画や電子書籍はパソコンに保存してiPad上からは消す、という使い方なら64GBで十分だと思います。

動画とか見なければ32GBがベスト!16GBは・・・

動画や電子書籍など、容量の大きいファイルをあまりiPadに保存しない場合は 、32GBがベストだと思います。

想像以上にたくさんアプリを入れても、余裕を持って利用ができるでしょう。

一方で16GBはあまりオススメできないです。友人で16GBモデルのiPadを保有している人が複数いますが、きまって容量が足りなくなり、その度にiPad内からアプリを消去しながら使っていました。

今は「あまりiPadにアプリを入れない!」と思っていても、使っているうちに欲しいアプリが増えてくるはずです。

まとめ

動画や電子書籍など、容量の大きいファイルをiPadに保存するなら64GBモデル、そうでないなら32GBがオススメ。

【番外編】色はシルバー or ブラック ?

僕はシルバーモデルにしました。

理由は、買おうと思っていたiPad mini Retina用のカバーの色が赤・黒だったので、シルバーの方が色が映えると思ったからです。

このように、あらかじめ周辺アクセサリーをどうするか考えおくと、iPadの色選びの参考になるのではないでしょうか。

〆:iPadの用途によって答えは異なる

以上、iPadのモデルはどうすべき? ボクがiPad mini Retinaをストレージ64GB / Wi-Fiモデルにした理由 の說明でした。

本内容は2014年序盤に書かれた記事ですが、現在でも共通する部分は多いと思います。

特に最近は、以前より容量の大きいリッチなコンテンツやアプリが増加傾向にあるため、外出先でどのように通信をするか、コンテンツはiPad内に保存したいか、によって最適なモベルは異なってきます。

まずは本記事を参考に、iPadの想定用途を考えてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい