購入して2年経った現在 iPad mini 2の利用用途はこうなった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4152_20

ボクの愛機 iPad mini 2は2013年の冬に購入したため、約2年間利用していることになります。この間、特に故障もすることなく、日々のガジェットライフの”タブレット”としての役割を担ってくれていました。

今回は、購入2年を記念(?)して、現在の利用用途を、頻度の高い順に振り返ってみました。

スポンサーリンク

第三位:美しい写真を見る

いきなり謎な使い方ですが、毎日、美しい写真をiPad miniで見て、癒やされています。

決して自分で撮影した写真ではなく、「unsplash.com」というサイトに掲載されている写真をiPad miniに保存し、就寝前などにボーッと眺めながら、眠りに落ちています。

PCと違い、顔に近づけて見れる点で、またスマホと違い画面が大きい点、以上2点より、美しい写真閲覧の用途にタブレットは役割を発揮すると個人的に思っています。

第二位:feedlyでブログをチェック

第一位とほぼ差はありませんが、二番目に多い使い方が、RSSリーダアプリ「feedly」を使ったブログチェックです。

マルチデバイス対応であるため、各種OSに合わせてアプリが用意されていたり、ブラウザで利用ができます。

Feedly - your work newsfeed

Feedly – your work newsfeed
開発元:DevHD
無料
posted with アプリーチ

PCとは違い、タブレットだと、左右のスワイプでサクサクっと、記事を流し読みできる点でメリットがあります

PCだと次の記事へ移動する際、いちいちクリックするのが面倒ですし、スマホだとそもそも画面が小さくて見にくい。以上の理由より、RSSリーダアプリ活用の用途にタブレットは便利です。

特にボクの場合、100近くのブログ・サイトをRSS登録しているため、1記事にかける時間が数秒ほどです。そのため、閲覧スピードの面で、タブレットを活用しています。

第一位:漫画を楽しむ

最も頻度の高い使い方は漫画の閲覧です。

以前記事にした通り、上位ストレージモデルのiPadを購入した理由が、まさしく漫画ライフを堪能するためでした。

現在、漫画だけでiPadのストレージは50GB近く利用されています。これでもすべての漫画を入れているわけではないため、次回タブレットを購入する際は、おそらく128GB以上のモデルを購入すると思います。

あれ、iOSにこだわる必要ないんじゃ・・・

ここまで書いてきて気が付きましたが、iOSタブレットならではの使い方がまるでないですね。

たまに脱獄系の記事を書く際、iPadで検証をすることもあるので、役割を発揮します。が、それ以外では、正直Android機でも十分。むしろ、値段や拡張性など考慮すると、Android機の方が良い気がしてきました。

最近は、10インチクラスのタブレットが欲しい、という欲求が強くなっているため、最新機種をチェックしていますが、iPad mini 2もまったく故障がないため、まだまだ現役続行だと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする