iPhoneのカメラで最後に使ったモードを保存してデフォルト設定を写真モードにしない方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadで「カメラ」アプリを起動すると自動的に「写真」モードが表示されますが、左右へスワイプすることで、「ビデオ」モードや「パノラマ」モード等、用途によってカメラモードを変更することができます。

ただし毎回起動すると必ず「写真」モードから始まるため、よく使うモードが他にあれば、毎回切り替えるのは面倒です。

そこで本記事では、iOSカメラで最後に使ったモードを保存して、デフォルト設定を写真モードにしない方法を說明します。

この設定をすれば、例えば最後に使ったモードが「ビデオ」なら、次回カメラアプリを起動すると、最初から「ビデオ」モードで撮影をすることができます。

※下記からの說明では便宜上「iPhone」を想定して記事が進みますが、iPadでも手順は同様です。

スポンサーリンク

iPhoneカメラで最後に使ったモードを保存する方法

前提条件

iOSカメラのデフォルトモードを変更する設定は下記条件を満たすiPhone・iPadである必要があります。

  • iOS 10.2以上

もしお使いのiOSデバイスが上記iOSに満たない場合はアップデートを行って下さい。

手順:「設定を保持」を適用するだけ

設定方法は非常にカンタンです。

まず「設定」→「写真とカメラ」と進み、「カメラ」項目内の「設定を保持」をタップ。

あとは「カメラモード」のトグルをオンにすればOK。

最後に使ったカメラモードが保存されてる!

設定をすると、以後最後に使ったカメラモードが保存されるようになります。

例えばカメラアプリを開くと、「ビデオ」モードや「スクエア」モードから開始されます。

〆:特定モードを多用する場合はオススメ!

以上、說明でした。

基本的に「写真」モードしか使わない人や、頻繁にカメラモードを変更する人には不要な設定かもしれませんが、例えば「ビデオ」モードで動画撮影を多用する機会や、旅行中に「パノラマ」モードを多用する機会など、特定のカメラモードを連続して利用する用途が想定される人にとって便利な設定となります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする