【脱獄不要】iPhoneで特定サイトのみ閲覧(アクセス)を許可する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5675_01

お子様がいらっしゃる家庭だと、自分のiPhoneを子供に貸して、ゲームをさせたりすることもあるでしょう。

が、目を離したスキに、予期せず使い方をされて、問題になることもしばしば。例えば、Amazonはオートコンプリート機能がオンになっていると、iPhoneからWeb経由でアクセスするとパスワードを知らなくても、買い物ができてしまいます。

そこで、今回はiPhoneで特定サイトのみ閲覧を許可する方法について記事にします。Safariはもちろん、Chromeなどブラウザアプリ全般に対応をしています。

※iOSを搭載するiPadでも当然可能な手法です。

スポンサーリンク

ステップ①:「機能制限」をオンにする

「設定」→「一般」→「機能制限」と進みます。

ここで機能制限用のパスコードの設定が求められるため、入力して下さい(当然ですが、忘れないようにご注意を)。

5675_02

ちなみに、機能制限用のパスコードとロック画面解除のパスコードは別なので混同しないようにして下さい。

ステップ②:「Webサイト」制限をカスタマイズする

「機能制限」のページ下部にある「Webサイト」をタップし、「アクセス許可するWEBサイト」を「指定したWebサイトのみ」に変更します。

初期設定では、Apple公式サイトを始め、ディズニーのサイトや教育系サイトなど、子供を意識したリストになっています。

この中から、下にある「Webサイトを追加」を選択し、アクセスできるサイトをカスタマイズします。

5675_03

ちなみに、この状態で本ブログにアクセスすると、下記の通り、「アクセスが制限されています」と表示されます。

5675_04

では、アクセスできるサイトを個別に設定します。

登録するサイトの「タイトル」と「URL」を入力します。タイトルは、先ほどのアクセスできるWebサイトリスト上に表示される名前となります。

登録すると、リストの一番下に「あっとはっく」が加わりました。

設定完了後、本ブログへアクセスすると、無事アクセス成功!

5675_06

が、画像のように、一部表示が制限されている箇所も。この部分は元々広告スペースなので表示が制限されているみたいですね。本ブログの場合、「http://sp7pc.com/」以外のページは、厳格に一切表示されないようになっています

また、冒頭にも述べた通り、このWebサイト設定はSafariだけでなく、すべてのブラウザアプリに適用されるため、Chromeなどを利用していても問題ありません。

補足事項

その他、いくつか補足事項を記載します。

Safari自体を機能制限している場合

Safariを機能制限している場合は、アクセスできるWebサイトを設定していても、そもそもSafariを利用できないのでご注意を。ちなみに、Safariを制限していても、他のブラウザアプリは制限されません。

5675_08

ブックマークにも影響あり

アクセスできるWebサイトを設定していると、Safariのブックマークにも影響があり、許可されたリストのみブックマークで表示されるようになります。これはブックマークが消去されたわけではなく、一時的に見えなくしているだけなので、機能制限を解除すれば、元通りのブックマークとなります。

一方、Chromeの場合は、許可されたサイト以外も含め、通常通りすべてのブックマークが表示されます。ただ、表示がされるだけで、もちろんアクセスはできません。

5675_08

登録したサイトを消去

アクセスできるWebサイトリストに表示される中から、登録を抹消したい(=再び制限したい)サイトを選び、左へスライドさせると削除を選択できます。又は、右上の「編集」をタップしても同様に削除ができます。

5675_07

お子様がいるご家庭はぜひ

以上、設定方法でした。

子供に自分のiPhoneを貸す場合は、今回の設定をぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする