[iPhone & Android] 電池残量がわずかな時 少しでも長持ちさせる7つの工夫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7196_03

一日中外出する日や旅行で写真を何枚も撮った日、夜スマホをチェックすると、いつの間にか電池残量が残りわずか、という状況になることがあります。

本記事では、電池残量が残り10%など、ギリギリまで少なくなった時、できるだけバッテリーを長持ちさせる工夫を紹介します。

iPhoneとAndroid、両方に共通する内容です。

スポンサーリンク

電池残量がわずかなとき 少しでも長持ちさせる7つの工夫

工夫①:電源をオフにする

最もオーソドックスなのが、電源をオフにしてしまう工夫。

電源を落とすことで、アプリの活動やネットワークの活動など、スリープ状態でも動き続ける機能さえストップするため、最大限バッテリーを節約することができます。

そして、本当に必要な際に、再び電源を入れ、作業が終えればすぐに電源を落とす・・・、を繰り返すことで、極力バッテリーを消耗せず、長続きさせることができます。

工夫②:電源を再起動する

着信ができないと困る、など電源を落とすことができない場合は、せめて一度電源を再起動しましょう。

スマホは使い続けることで、メモリを多く消費したり、不要なゴミが堆積し、これがバッテリー浪費の要因となっています。そこで電源を再起動すると、一度本体機能がリセットされるため、バッテリーを節約できる環境で再度使い始めることができるのです。

工夫③:バッテリー消費の多いアプリを特定 & 終了させる

電源を落としたり、再起動しても相変わらずバッテリーの減りが変わらない場合は、バッテリーを多く消費しているアプリを特定してみましょう。

工夫④:機内モードへ変更する

機内モードをオンにすることで、モバイルデータ通信やGPS、Bluetoothなど、ネットワーク周りの機能がストップするため、バッテリー消耗を抑えることができます。

もちろん、同時に着信やアプリ通知もストップするデメリットもあるので、状況に応じて変更をしてみましょう。

工夫⑤:バッテリーセーバーをオンにする

iPhoneもAndroidも共通して、バッテリーセーバーモードが搭載されており、オンにすることで、大部分の裏で動く機能がストップし、バッテリーをかなり節約できます。

Androidの場合:「バッテリーセーバー」

「設定」→「電池」と進み、右上の詳細設定から「バッテリーセーバー」をタップします。

7196_01

バッテリーセーバーをオンにすると、画面上下に赤いラベルが表示され、節電中だと分かります。

バッテリーセーバーをオフに戻す場合は、通知領域から再度設定画面へ移動できます。

7196_02

工夫⑥:モバイルチャージャーを携帯する

「スマホのパフォーマンスを下げたくない!」という方なら、節電は諦めて、その代わりモバイルチャージャーを持ち歩くようにしましょう。

例えばボクは、旅行中はcheeroのモバイルチャージャーを持ち歩いています。

他にも、PCを持ち歩いているなら、PCからスマホへ給電するのもアリでしょう。

工夫⑦:充電ステーションを見つける

「スマホのパフォーマンスは落としたくない」&「モバイルチャージャーは持ち歩きたくない」という場合、最後の残された手段として、充電ステーションを利用する、という手があります。

特に空港や大きな駅など、観光客が多く集まる施設では、有料 or 無料で、充電ステーションが提供されている場合があります。

街中では、携帯キャリアショップで充電サービスが提供されている場合があるので、検索してみましょう。

まとめ:緊急時のため 長持ちさせる工夫をしよう

以上、説明でした。

スマホは現代では必須アイテムとなっているため、もしもの時、「電池がゼロで使えない!」となると、大きな不利益を被ることもあると思います。

本記事を参考に、もしもの時、どのような工夫でバッテリーを節電できるか、一度整理しておくことをオススメします。

また、今回は電池が減ってしまった後の対策ですが、そもそも普段から電池があまり減らないようにする対策についても記事にしているので、合わせてどうぞ。

記事参考:PCWorld

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする