iPhone/iPadをiCloudへバックアップする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7329_04

iPhoneやiPadに標準搭載されているiCloudを使えば、大切な写真やメモ、メールなどなど、多くのデータを自動的に保存することができます

基本的な情報となりますが、本記事ではiOS端末でiCloudへバックアップする方法を説明します。

スポンサーリンク

iPhone/iPadをiCloudへバックアップする方法

手順①:iCloudバックアップをオンに

「設定」→「iCloud」と進み、「バックアップ」をタップして設定をオンにします。

7329_01

手順②:個別にバックアップしたいデータを選択

後は、バックアップしたいデータをオンに、不要なデータはオフにするなど、個別に設定すれば完了です。

7329_02

参考:今すぐバックアップしたい場合

バックアップのオンオフ設定内にある「今すぐバックアップを作成」をタップすることで、すぐにバックアップが始まります。

7329_03

iCloudをうまく活用しよう

以上、説明でした。

無料でバックアップできる上限量が5GBであるため、写真のデータ量が多い場合、足りない可能性もありますが、写真専用のクラウドサービスも多数存在するため、合わせてチェックしてみて下さい。

データ容量が大きくない「連絡先」や「カレンダー」などはぜひiCloudへバックアップしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする