イヤホンジャックがないiPhone 7で充電中に音楽を聴く方法まとめ [アクセサリ/iTunes]

スポンサーリンク

iPhone 7で音楽を聴きますか?

7シリーズではイヤホンジャックが廃止され、Lightningコネクタに統一がされたため、充電中だと有線イヤホンを挿すポートがなく、通常は音楽を聴くことができません。

ただ、様々なアクセサリやPCを経由することで、充電中でも音楽を楽しむことができます。

そこで本記事では、iPhone 7で充電中に有線イヤホンで音楽を聞く3つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhone 7で充電中に音楽を聞く3つの方法

方法①:「Belkin’s Lightning Audio」を使う

Lightningコネクタを利用したアダプタは今までも各種発売されていますが、「Belkin’s Lightning Audio」を使うことで、Lightningコネクタを二股に分岐することができます。

Lightningコネクタが2つあれば、それぞれに充電ケーブルとイヤホンを繋げられるので、充電中でも音楽を聴くことが可能です。

参考 Belkin’s Lightning Audio

方法②:「 Lightning Dock」を使う

方法①と比べ多少高額になりますが、Apple純正の「 Lightning Dock」なら、充電中にDockのイヤホンジャックから音楽を聴くことができます。

自宅での利用が主なら、従来のイヤホンジャックを使うことができるため、オススメです。

方法③:PCのiTunesを使う

最後に、「アクセサリ類は買いたくない!」という方にオススメなのが、PC(Mac・Windows)のiTunesを使った方法。

ケーブルでiPhoneとPCを繋げば、PC経由より給電ができますし、iTunes上で、iPhoneに入っている音楽を流せるため、充電しながら音楽も聴くことができます。

ダウンロード iTunes

〆:iPhone 7でも充電中にイヤホンで聴ける!

以上、イヤホンジャックがないiPhone 7で充電中に音楽を聴く方法まとめ [アクセサリ/iTunes] の説明でした。

iPhoneを充電しているのは基本的に移動中である可能性が低いので、今回紹介したアクセサリ類やPC経由の方法もアリだと思います。

iPhone 7購入を検討中の方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい