iOS 10にして重くなったiPhone・iPadを少しでも軽くする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8381_09

iOS 10がリリースされてしばらく経ちますが、みなさん、アップデートしましたか?

最新のiPhone 7やその前のiPhone 6Sなど、ここ1-2年で出たシリーズならいざ知らず、iPhone 5Sや5の世代は、動作が重くなり、スムーズに操作できなくなってしまった、という方もいるのではないでしょうか?

ボクも持っているiPhone 5をiOS 10にしたところ、アプリの切り替えが遅くなり、またiPhone 本体が少し熱を帯びるようになってしまいました。まぁ、性能的に限界なんですよね、きっと。

そこで、iOS 10にして動作が重くなってしまったiPhoneやiPadを少しでも負担を減らして軽くする設定方法について、海外サイト「OSXDaily」に記載されていたので紹介します。

スポンサーリンク

iOS 10にアップデートできるシリーズ

参考情報として、最新のiOS 10はすべてのiPhoneがアップデートできるわけではなく、下記に該当するシリーズのみ対象となっています。

8381_01

iPhoneならiPhone  4S以前は非対応で、iPadも初期シリーズは非対応の場合があります。

iOS 10にしたiPhone系を軽くする方法

※下記便宜上、iPhone・iPad・iPodの総称として「iPhone」と表記しています。

その①:「視差効果を減らす」をオンに

まず、設定よりiPhoneの「視差効果を減らす」をオンにします。

視差効果とはiOS 7から搭載された機能で、iPhoneを傾けると、ホーム画面上のアイコンが傾き方向に合わせて微妙に動くアレです。

この機能を使わないことで、iPhoneの負担を減らせるため、「視差効果を減らす」を適用させます。

設定手順は、「設定」→「一般」より「アクセシビリティ」と進み、

8381_02

「視差効果を減らす」より、トグルをオンにして適用させます。

8381_03

その②:透明度を下げて視覚効果を減らす

続いて同様の手順で「透明度を下げる」を適用させ、iPhoneにかかる負担を低減させます。

透明度とは、コントロールセンターや通知センター上の背景をうっすら透明にする度合いのこと。これを通常より下げることで、背景が若干変化します。

例えばコントロールセンターだと下記の通りの差。透明度が普通だと背景のカラフルなホーム画面の壁紙がうっすら見えますが、透明度を下げることでそれがほぼなくなります。

8381_05

通知センターだとより一層、透明度による差がはっきりします。

8381_06

設定手順は、「設定」→「一般」より「アクセシビリティ」と進むのは先ほど同様、

8381_02

「コントラストを上げる」より「透明度を下げる」トグルをオンにして適用させます。

8381_07

その③:Appのバックグラウンド更新を無効にする

次に、アプリを開いていないとき、自動的にネットワークへ接続したりしてコンテンツを更新する「Appのバックグラウンド更新」を無効にすることで、複数アプリが同時に動くことにより発生する、iPhoneの負担増を回避します。

設定手順は、「設定」→「一般」より、「Appのバックグラウンド更新」へ進み、トグルをオフにして更新を無効にします。

8381_08

その④:本体ストレージ容量負担を減らす

iPhoneの本体ストレージ容量に余裕がないと、その分iPhoneのパフォーマンスも悪くなり、結果的に動作が重くなる原因となります。

iPhoneの容量不足改善に関しては、下記記事でまとめています。

その⑤:iPhoneを再起動する

スマホが重いと感じたら、おなじみなのがこの再起動。

当ブログでも何度も登場していますが、再起動することで、不要なゴミやバグが一度リセットされ、iPhoneへの負担を減らすことができます。

その⑥:iPhoneを初期化する

ここまでの手段をすべて試しても、一向に改善が見られない場合、最後の手段としてiPhoneを初期化するのもアリです。

初期化をすることで必要なデータも不要なデータもすべて削除され、最もiPhoneに負担が少ない状態へとなります。もちろん、初期化前にしっかりとデータバックアップを忘れずに実行しましょう。

その他:最新のiPhoneへ機種変更する

本記事の主旨とはズレますが・・・。初期化しても改善が見られないなら、いっその事、最新のiPhoneにしちゃうのもアリ、ですよ。

まとめ:古いiPhoneはアップデートしないのもアリ

以上、説明でした。

今回の説明の中には、iPhoneのパフォーマンスを犠牲にする設定も含まれています。逆に、iPhone 5や5Sなど、古いiPhoneはiOS 10にするメリットよりデメリットの方が高いかもしれません。

「iOS 10にしたらiPhoneが重くなった・・・」という方は、ぜひ本記事の内容をお試しあれ。

参考記事:「OSXDaily

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする