MacのDockに空白(スペース)を作る方法。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2317_08

2317_01


MacのDockに並んでいるアプリのアイコン。

アプリの種類別に、アイコングループを作成するために、空白が欲しいと思ったことはないだろうか?

今回は、カンタンに空白を作成する方法をご紹介する!

MacのDockに空白(スペース)を作る方法。

ステップ①:ターミナルを起動

2317_03

ターミナルは、「ユーティリティ」フォルダ内に含まれている。

ステップ②:コマンドを入力!その1

2317_04

下記コマンドを入力する(Dockに空白を作成)。

defaults write com.apple.dock persistent-apps -array-add ‘{tile-data={}; tile-type=”spacer-tile”;}’

入力後、Enter。

ステップ③:コマンドを入力!その2

2317_05

下記コマンドを入力する(Dockをリフレッシュ)。

killall Dock

入力後、Enter。

以上で完了。空白ができたはずだ!

2317_07

複数の空白を重ねることも可能!消去もカンタン。

例えば、下記のようにコマンド3つ分を入力して、空白を一気に3つ作り、重ねることで、空白部分を長くすることも可能だ。

defaults write com.apple.dock persistent-apps -array-add ‘{tile-data={}; tile-type=”spacer-tile”;}’

defaults write com.apple.dock persistent-apps -array-add ‘{tile-data={}; tile-type=”spacer-tile”;}’

defaults write com.apple.dock persistent-apps -array-add ‘{tile-data={}; tile-type=”spacer-tile”;}’

2317_06

消去する際は、空白部分をドラッグし、Dock外でドロップするか、Dock上の空白部分を右クリックすると消去可能だ。

2317_02

注意点として、空白なので、ドラッグや右クリックで選択するのが、地味に難しい。コツがいる。

気持ち、下の方を選ぶと選択ができるはずだ。

Dockのアプリ整理に最適な豆知識なので、試して欲しい!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする