MacBookのWi-FiをiPadで共有する方法。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
264_10

本日はMacBookで接続しているWi-Fiを、iPadで共有する方法を紹介します。

「そんなことしなくても、iPadでもWi-Fi接続すればいいじゃん・・・。」

ってツッコミが聞こえてくる気がしますが、以下の様なシチュエーションを想像してみて下さい。

・旅行中、ホテルの有料Wi-Fiを申し込んだが、接続できるデバイスが1台だけだった・・・。

・docomo Wi-Fiを使おうと思ったら、同時に接続できるデバイスは1台だけだった・・・。

このような状況で、MacBookとiPad、同時にネットを利用したいと思った時、あなたならどうしますか?

おそらく苦渋の選択を強いられるのではないでしょうか?

しかし、今回紹介する方法を使えば、1台しかWi-Fi接続ができない状況でも、MacBookとiPad、2台同時にネットに接続することができます。

スポンサーリンク

やり方。

1. MacBookとiPadのBluetoothをオンにする。

264_03

MacBook(OS Ⅹ 10.9.1)は、システム環境設定⇒Bluetoothから設定できます。

264_04

iPad(iOS 7.0.4)は、設定⇒Bluetoothから設定できます。

2. MacBookとiPadをペアリングする。

iPadのBluetoothの画面内に、自分のMacBookが表示されるはずです。タップしてペアリングをMacBookへ要求して下さい。

MacBookの画面にペアリングを承認するかの確認画面が出るので、承認して下さい。

264_05

iPad側でもMacBookとペアリングが完了したことの確認ができます。

264_06

3. MacBook側でインターネット共有をオンにする。

この段階では、細かい順番があるので、注意して下さい。

①システム環境設定⇒共有 と進み、” インターネット共有 “を開く。

(この時点ではまだ、左の” インターネット共有 “にチェックは入れないで下さい!!)

264_07

②” 共有する接続経路 “を” Wi-Fi “にする。

264_08

③” 相手のコンピュータが使用するポート “を” Bluetooth PAN “にする。

264_09

④左の” インターネット共有 “にチェックを入れる。

264_10

⑤共有を始めるか、確認メッセージが表示されるので、” 開始 “を選択する。

264_11

これで完了です!

iPadでもインターネットに接続ができるようになります。

留意点。

最後に以下の点に留意して下さい。

①この方法では、MacBookのWi-Fi接続を使って、iPadはインターネットに接続しているので、iPad使用中は常にMacBookを起動させている必要があります

iPhoneでは(理由は詳しく分かりませんが)できません。この点については、現在調査中です。

特殊なシチュエーションでのみ役立つ知識でしたが、覚えておいて損はないはずです!

ぜひ実践してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする