Macで連番処理したいなら リネームソフト「Shupapan」が便利!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3417_20

ボクはO型ですが、変な所でA型っぽくなる時があります。事実、裏血液型診断をした際、A型だと言われたくらい、たまにめちゃくちゃ細かい。

だからこそ、ファイル名の並び順は連番ではないと気がすまないタイプなのですが(変人)、そんな時、リネームソフトが便利です

Windowsに比べソフトの選択肢が少ないMacにおいて、オススメできる便利な無料リネームソフト「Shupapan」を紹介します。

スポンサーリンク

リネームソフトとは?

リネームソフトとは、複数ファイルの名前を任意の基準で一括変更できるソフト(アプリ)のこと

例えば、写真の整理をしている際、スマホで撮影した写真のデフォルトの名前(例:DSC_〇〇.jpg)が気に食わない場合、どうするでしょうか?

もちろん、1ファイルずつ、名前変更で「0001.jpg」、「0002.jpg」のように地道に変更するのもアリです。が、ファイル数が1,000や10,000の単位になると、あまりに途方も無い作業となり、時間が非常にかかります

そんな時、便利なのがリネームソフトで、最初に規則(例:0001.jpg、0002.jpg)を決めれば、ボタン1つで複数フィアルの名前をサクッと変更できるのです。

ボクの場合、かつてWindowsを使っていた際は、「Namery」というリネームソフトを愛用していました。

このファイルはMacにはなかったため、MacにBootcampでWindows OSを入れていた理由の1つが、このソフトを使うくらい、依存していましたが、Macでも同様の便利なアプリ「Shupapan」を見つけました。

Mac用 連番処理ソフト「Shupapan」の使い方

その①:「Shupapan」をインストール

まず、アプリをダウンロード、インストールします。

インストールの際、「開発元が未確認のため開けません」と表示されたら、下記記事を参照下さい。

その②:「Shupapan」の使い方

さっそく起動してみます。

特に面倒な初期設定もなく、すぐに利用開始できるので、さっそく名前を変更したいファイルを用意し、1つのフォルダに格納します。

次に、用意したフォルダを選択し、「Shupapan」アプリウインドウ内にドラッグ&ドロップします。

3417_02

後は、リネームしたい基準を設定し、右上の「実行」を押すだけで完了する、非常にシンプルなアプリです。

以上が基本的な使い方ですが、下記に連番処理の注意点を記載します。

参考:連番処理の注意点

注意①:ファイルの桁数に合わせて、頭に「0」を付けよう

ちょっと複雑な内容になるので、文字だけで伝わるか不安ですが・・・。

例えば、200個のファイルをリネームするとします。これをもし、「1, 2, ・・・, 9, 10, 11, ・・・, 99, 100, 101,  ・・・, 199, 200」とリネームしたら、どうなるでしょうか?

Mac上では、「1, 2, ・・・, 9, 10, 11, ・・・, 99, 100, 101,  ・・・, 199, 200」の順番に表示がされるかもしれません。

が、これをビューワーソフトで見ようとすると、「1, 100, 101, 102・・・199, 2, 200・・・」のように、頭文字の数字を基準に並び替えされることがあります。

これを避けるために、”連番の開始番号”を「001」+「1」とすることで、ファイル名が「001, 002, 003, 004・・・009, 010・・・」となり、イメージ通りの並び替えができます。

3417_03

もしファイル数が千や万を超える場合は、単純に連番の開始番号を「0001」や「00001」のように、桁数に合わせて頭に0を付ければ解決できます

注意②:Mac上での並び順と、「Shupapan」上での並び順が異なる場合がある

これも伝わりにくい内容ですが・・・。

下記画像の赤枠を見て下さい。

3417_21

「1, 2, ・・・, 9, 10, 11, 12」と、数字順にファイルが並んでいます。

先ほどの”注意①”の通り、このままビューワーソフトで開こうとすると、順番は、「1, 10, 11, 12, 2, 3・・・」となりますので、「01, 02, ・・・, 09, 10, 11, 12」とリネームしたいです。

この場合、「1→01」、「2→02」、・・・、「10→10」、「11→12」のように、順番に頭に0を付ければ良いので、このフォルダをそのまま「Shupapan」へドラッグ&ドロップして変更しようとすると、

3417_22

分かりますか?

「Shupapan」上では「1, 10, 11, 12, 2, 3・・・」と表示されるため、この状態で頭に0を付けた連番へリネームすると、「1→01」、「10→02」、「11→03」、・・・と本来の順番がごちゃごちゃになってしまうのです。

このような状況では、工夫が必要です。ボクの場合、ファイル名の桁数毎に別フォルダを作り、それぞれでリネームすることで、当初の順番が保たれるようにしています。

操作には慣れが必要かも

以上、アプリの説明でした。

自分で記事を見返してみても、このアプリの注意点が分かりづらいなぁ、と感じます笑。

まずは実際にアプリを使ってみて、「あれ?変な並び順でリネームされたぞ・・・」と感じたら、本記事を見返してみて下さい。きっと伝わります。

Macのリネームソフトの中では、便利なアプリだと思うので、ぜひぜひお試しあれ。

※2016年9月追記:Macの標準機能でも基本的なリネームができます。サードパーティ製ソフトをなるべくインストールしたくない方は、合わせてご覧あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする