Mac起動(ログイン)時 自動で開始するアプリを設定する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5886_01

Macを再起動する際、最初から起動させたいアプリがいくつかあると思います。

ボクの場合、FluxやDropboxがそれに該当するのですが、中には手動で設定しないと、起動時に自動起動してくれないアプリもあります。

本記事では、Macで起動時に自動開始させるアプリの設定方法を説明します。

スポンサーリンク

その①:「ログイン項目」を開く

「システム環境設定」→「ユーザとグループ」と進みます。

5886_02

続いて、「ログイン項目」を選択します。

5886_03

すると、ログイン時に自動的に開かれるアプリ一覧が表示されます。

5886_04

その②:自動起動させたいアプリを追加

下部にある+ボタンを押すと、自動起動させたいアプリを追加できます。

5886_06

アプリケーション一覧から、アプリを選択しましょう。

5886_05

ご覧の通り、アプリが追加できました。

5886_07

以上で完了となります。

実際に、再起動してみると、先ほど追加したアプリが自動起動するはずです。

その他:削除する場合

一応、一度自動起動のリストに加えたアプリを、削除する方法も記載します。

削除したいアプリにカーソルを合わせ選択状態にし、下部の−ボタンをクリックします。

5886_08

これですぐに消去されます(パスワードは要求されません)。

5886_09

設定しすぎると重くなるかも

ここで、あまりにも初期起動させるアプリを設定しすぎると、ログイン時にすべてのアプリが立ち上がるまで、時間がかかるようになります。

便利な設定ですが、PCのスペックも考慮して、バランスの良い数に調整するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする