Apple IDのセキュリティ質問 内容を変更 or リセットする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7134_08

Apple IDのセキュリティ質問 を覚えていますか?

設定したのが数年前だと、質問の答えはもちろん、質問内容まで覚えていない方も多いかと思います。

本記事では、Apple IDのセキュリティ質問の内容を変更する方法について、説明します。

スポンサーリンク

Apple IDのセキュリティ質問は何に使う?

Apple IDのセキュリティ質問は、例えばApple IDがロックされた時に、セキュリティ質問を回答することで、リカバーすることができます。

このように、Apple IDやパスワードどちらかに問題が生じた際に、オンラインで本人確認を行う重要なセキュリティコードだと言えます。

一応、Appleとしては「本人にとっては覚えやすく、他人にとっては推測しにくい」ということで、この質問を設定しています。

従って、当然自分が設定している質問の答えは把握しておく必要があります

Apple IDの秘密の質問 内容を変更する方法

手順①:Apple ID 管理画面へアクセス

まず、Apple 公式サイトへアクセスし、Apple IDとパスワードを入力してログインします。

7134_01

手順②:修復用メールアドレスを確認

続いて、セキュリティ項目内にある「修復用メールアドレス」が設定されているか確認します。

7134_02

必要があれば、メールアドレスの変更をして下さい。

手順③:セキュリティ質問を変更

修復用メールアドレスに問題がなければ、さっそく「セキュリティ質問を変更」をクリックします。

ここで、現在設定している質問の回答を入れないと変更ができないので注意が必要です。

7134_03

さて、ここで以前設定した質問の答えを忘れてしまった方も一定数いらっしゃるでしょう(ボクもそうでした笑)。

質問を覚えている方はここまでの説明で変更が完了しますが、ボクのように忘れてしまった方は、一度セキュリティ質問をリセットする必要があります

手順④:セキュリティ質問をリセット

「答えをお忘れですが? セキュリティ質問をリセット」をクリックすると、先ほど確認した「修復用メールアドレス」に再設定リンクが送られます。

7134_04

下記のようなメールが届くので、「今すぐリセット」を選択します。

7134_05

すると、再度Apple IDによるログインが求められるので入力をします。

7134_06

無事ログインできると、自動的に「Apple IDをアップデート」という画面に切り替わり、セキュリティ質問を再設定することができます。

7134_07

質問と答えを入力後、右下の「アップデート」をクリックして完了です。

セキュリティ質問の回答は定期的に確認しよう

以上、説明でした。

セキュリティ質問は、Apple IDを忘れたり、ロックがかかったりした際に必要となるので、いつでもセキュリティ質問へ回答できるよう、不安があれば、今のうちに質問内容を一度確認しておくことをオススメします。

ぜひ、ご参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする