qlImageSize – Macのクイックルック機能で画像サイズや容量をすぐ確認できるプラグイン

スポンサーリンク

Macでスペースキーを押すと起動するクイックルックは便利ですが、プラグインをインストールすれば、さらにその機能を拡充することができます。

本記事ではその中より、クイックルックで画像ファイルのサイズや容量をすぐ確認できるプラグイン「qlImageSize」を紹介します。

スポンサーリンク

qlImageSize – できるコト

タイトルに画像サイズと容量を表示

画像ファイルをクイックルックした際、通常はタイトルだけ表示されるのに対し、

10018_02

プラグイン「qlImageSize」をインストールすることで、タイトルの前に画像サイズと容量が表示されるようになります。

10018_01

プレビューや情報を開くことなく素早く確認でき便利!

今回紹介するプラグインをインストールするまで、ボクは画像サイズをチェックする際は、

  • 「プレビュー」アプリで開き「ツール」→「サイズを調整」から確認
  • 「右クリック」で「情報を見る」から確認

と、数ステップ踏んでの確認となっていたため、面倒でした。

一方でクイックルックならスペースキーを押すだけで起動しますし、表示される画像サイズ情報も見やすいため、効率が上昇する便利なプラグインでした。

qlImageSize – 使い方

手順①:プラグインを入手

まずはプラグインをダウンロードします。

pkgファイルをダウンロードできたら、ダブルクリックでMacへインストールします。

手順②:クイックルックを再起動

プラグインをインストールした直後だとクイックルックに機能が反映されていない場合があるため、ターミナルよりクイックルックを再起動します。

ターミナルを起動し(アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」)、

4822_06

下記コードを入力してEnter。

するとクイックルックが再起動され、プラグインのインストールも反映された状態となります。

〆:画像サイズや容量を頻繁にチェックするならぜひ!

以上、說明でした。

ブログ執筆者やデザイナーなどは画像ファイルのサイズや容量を頻繁にチェックする機会があると思います。そんなときプラグイン「qlImageSize」があればクイックルックよりサクッとチェックできるのでオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする