GIPHY Capture – Macで画面の動画撮影をGIFアニメーションで保存できる無料アプリ

スポンサーリンク

ブログで記事を執筆する際、Macの画面をスクリーンキャプチャしGIFフォーマットでアップする機会があるため、画面動画をそのままGIFで保存できるアプリ「LICEcap」を使っています。

関連記事

LICEcap – Macで画面の動画撮影をGIFアニメーションで保存できる無料アプリ

「LICEcap」は便利なアプリですが、ユーザインタフェースが分かりづらいという点に不満を感じていました。そのような中、最近より使いやすい同種アプリ「GIPHY Capture」を知ったので紹介します。

すぐに「LICEcap」から乗り換えるほど、優れたアプリでした。

スポンサーリンク

GIPHY Capture – できるコト

画面キャプチャ動画をGIFで保存できる

「GIPHY Capture」を使えば、Mac画面を撮影した動画フォーマットをそのままGIFに変換して保存できます。

ユーザインタフェースが優秀

このアプリの一番の特徴が、分かりやすいユーザインタフェース。

「LICEcap」は一昔前の雰囲気漂う画面でしたが、「GIPHY Capture」は今風のUIとなっており、編集画面も直感的に操作が可能です。

ループ設定で再生方向をカスタマイズできる

さらに編集画面上の「ループ設定」では、動画の逆再生や「通常再生→逆再生→通常再生・・・」と繰り返し再生など、再生方向をカスタマイズして動画を保存できます。

この手の機能は有料版限定の場合が多いですが、「GIPHY Capture」では無料版にも搭載されています。

同種のアプリで一番使いやすい

「Macで画面キャプチャした動画をそのままGIFで保存できる」タイプのアプリの中で、「GIPHY Capture」は今までで一番使いやすく感じました。

ボクのようにブログにGIFフォーマット動画をアップする機会が多い方にオススメしたいアプリです。

GIPHY Capture – 使い方

手順①:アプリを入手

まず、「GIPHY Capture」をインストールします。

App Store GIPHY Capture. The GIF Maker

互換性: OS X 10.9 以降

価格:無料

参考 GIPHY Capture 公式HP

手順②:画面をキャプチャ・編集

インストール完了後にアプリを起動すると、すぐに画面キャプチャを開始できます。

下記より「GIPHY Capture」アプリの撮影手順とカンタンな編集方法を紹介します。

撮影範囲を決める

アプリを起動すると、まず透明な緑色のウインドウが表示されます。

このウインドウがそのまま撮影範囲となるので、ドラッグで縦横の範囲枠を変更します。

範囲変更時は右下に現在のサイズ(ヨコ × タテ)が表示されるため、特定サイズのキャプチャをしたいとき便利です。

撮影を開始する

範囲が決まったら、中央下にある赤丸のボタンをクリックすると撮影が開始します。開始後は経過時間が秒単位で表示され、再度丸ボタンをクリックで撮影が終わります。

撮影動画を編集する

撮影した動画は下側にサムネイルが追加され、クリックするとそのまま「保存」か「編集」か選べるので、編集する場合は「EDIT GIF」へ進みます。

編集画面上では

不要なコマの削除・ループ設定・サイズ設定・FPS設定

が行えます。

特筆すべきは「ループ設定」で、3種類の再生方法から選ぶことができます。

「NORMAL」(デフォルト):通常通り動画を再生

「REVERSE」:動画を逆再生

「PINGPONG」:「通常再生→逆再生→通常再生・・・」と繰り返し再生

編集作業は、右下の「DONE」で完了します。

手順③:動画を保存する

最後に「SAVE」より撮影・編集した動画を保存することができます。

動画フォーマットは「GIF」に変換して保存もできますし、「mp4」ムービーも選べます。

〆:画面キャプチャ&GIF変換をする人にオススメ!

以上、說明でした。

「Macで画面キャプチャした動画をそのままGIFで保存できる」タイプのアプリをお探しの方に一押しのアプリとなっています。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする