Kap – Macでお手軽に画面動画を録画撮影(スクリーンキャプチャ)できる無料アプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8758_02

以前、「QuickTime Player」でMacの画面を動画撮影する方法を記事にしました。

最近、それ以外の方法として、サードパーティ製アプリをインストールすることで、さらにお手軽に撮影できることを知りました。

本記事では、カンタンにMacの画面を動画撮影できる無料アプリ「Kap」を紹介します。

画面撮影の中でも、全体ではなく一部分のみ撮影する機会が多いなら、オススメのアプリとなります。

スポンサーリンク

「Kap」でできるコト

「Kap」を使うことで、Macの画面を動画撮影し、mp4ファイルで保存することができます。

下記GIFアニメーションは、実際にGoogle Chromeの画面を「Kap」で撮影した動画となります。

8758_01

同様のサービスを提供するアプリは多く、特にMacではプリインアプリである「QuickTime Player」で同様の機能が実現できます。

その中で「Kap」を選ぶ理由として、操作がカンタンで、すぐに画面撮影を開始できる点がメリットとしてあります。特に「QuickTime Player」による方法と比べ、画面の一部分を撮影する手順が簡略化されています。

下記より具体的な使い方について説明します。

「Kap」の使い方

手順①:「Kap」を入手

まず「Kap」をダウンロードします。

dmgファイルをダウンロードできたら、展開して「Kap」をアプリケーションフォルダへ移動させましょう。

8758_03

手順②:撮影したい範囲を決める

さっそく起動すると、メニューバーに常駐型のアイコンが表示されます。

8758_04

中央の赤いサークルをクリックすると、Mac画面内で撮影したい範囲を調整します。

8758_05

範囲は点線をドラッグすることで調整できます。

手順③:撮影を開始する

範囲が決まったら、赤い丸ボタンをクリック。

8758_06

準備中を示す「Getting ready…」が数秒表示された後、

8758_07

撮影が開始されます。

8758_08

撮影中は範囲として指定した領域が点線で示されるので、この点線内のみ画面撮影されていることを意味します。

手順④:撮影を終了する

撮影したい画面を録画ができたら、最後に終了の手順です。

メニューバーに表示される「Kap」のアイコンをクリックすると、

8758_09

ポップアップ画面が表示され、保存する動画の名前と場所を指定します。

8758_10

最後に、「保存」をクリックすると撮影した画面がmp4ファイルとして保存できます。

「Kap」の留意点

最後に、ボクが日々「Kap」を使っていて感じる留意点(欠点)として、メニューバー領域内の画面キャプチャができず、メニューバー以下の画面内のみ撮影ができます。

そのため、メニューバー内の録画をしたい場合は、「Kap」以外の方法が必要です。

まとめ:部分撮影なら「Kap」がオススメ

以上、説明でした。

「QuickTime Player」による撮影方法との違いですが、「Kap」の方が画面の一部を撮影する手順が簡略化されていてラクだと感じました。

一方で、「QuickTime Player」の画面撮影は、デフォルトが全体撮影で設定されているため、部分撮影ではなく全体撮影なら「QuickTime Player」の方がカンタンです。

ちなみに、「撮影した動画をそのままGIFアニメーションで保存したい」という方は下記記事をどうぞ。

個人の好みにもよりますが、Macで画面の部分撮影をする機会が多いなら、ぜひ「Kap」をお試しあれ。

参考記事:lifehacker

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする