[Mac] ゴミ箱に移してから30日経つファイルを自動的に削除する設定方法

スポンサーリンク

Macを使っていると、ついついゴミ箱にファイルが溜まりすぎてストレージ容量に余裕がなくなる場面があります。

その度にゴミ箱を「空にする」を選びファイルの削除を行いますが、手動で実行するのは面倒。

そこで本記事では、ファイルをゴミ箱に移してから30日経つと、当該ファイルを自動的に削除する設定方法を說明します。

ゴミ箱の整理を忘れがちな方にオススメな機能となります。

スポンサーリンク

ゴミ箱で30日経つファイルを自動的に削除する設定

設定方法は大きく2種類ありますが、どちらでも設定内容に差異はありません。

方法①:Finderから設定する

1つ目の方法では、Finder上から設定を行います。

Finderのメニューから「環境設定…」を開き、

「詳細」タブ内の「30日後にゴミ箱から項目を削除」にチェックを入れればOK。

オフにする場合は、再度チェックを外します。

方法②:Optimized Storage機能から設定

2つ目の方法では、macOS Sierraの新機能「Optimized Storage」を使った設定となります。

当然、お使いのMacがmacOS Sierra以降である必要がありますのでご注意を。

メニューバー内のAppleアイコンより「このMacについて」へ進み、

「ストレージ」タブ内の「管理…」をクリックします。

後は「ゴミ箱を自動的に空にする」の「入にする…」から、

注意ポップアップで再度「入にする」を選べばOK。

ちなみに、この方法でオンにした設定をオフにする場合は、方法①で說明したFinder上より変更可能となります。

〆:ゴミ箱整理を自動化できて便利!

以上、說明でした。

本設定の欠点として、30日以上前にゴミ箱へ移したファイルが突然必要となった場合、取り返しの付かないことになってしまう、という点。

とはいっても、いつまでもゴミ箱にファイルを残しておくと、Mac本体のストレージが圧迫されてしまうため、やはり定期的なゴミ箱整理が必要なのですが、それを自動化できるので便利です!

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい