[Mac] ライブラリフォルダに移動したり 常にフォルダを表示させる方法 [macOS Sierra]

スポンサーリンク

様々な理由により、Macでライブラリフォルダを表示させたいシチュエーションがありますが、重要なデータやファイルが格納されているためにデフォルトではライブラリフォルダは隠れています。

そのため表示するためには、特定の方法で直接フィルダへ移動するか、または常時フォルダが表示されるよう設定しておく必要があります。

そこで本記事では、Macでライブラリ フォルダ を表示する方法を説明します。

スポンサーリンク

Mac ライブラリ フォルダ を表示する方法

方法①:Finderの「移動」メニューから表示する

1つ目の方法として、Finderの「移動」メニューから表示することができます。

通常「ライブラリ」はメニュー内にありませんが、optionキーを押している間は選択できます。

「ライブラリ」を選ぶと、すぐにフォルダが表示されます。

常時ライブラリフォルダを表示する必要はないが、適宜必要になったらアクセスしたい、という方にオススメです。

方法②:常時ライブラリフォルダを表示させる

2つ目の方法として、常時ライブラリフォルダを表示するよう設定を変更することで、以後カンタンにフォルダへ移動できるようになります。

まずFinderでユーザーのホームフォルダを開き、右クリックで「表示オプションを表示」へ進みます。

するとメニュー内に「”ライブラリ”フォルダを表示」があるのでチェックを入れます。すると「ライブラリ」フォルダが常時表示されるようになります。

※表示設定はユーザアカウント毎となるため、別アカウントでも表示させたい場合、同じ作業が必要です。

〆:ライブラリフォルダを開く機会があればご参考に

以上、說明でした。

ライブラリフォルダは重要データが詰まっているため、常時表示させておくと、意図せずファイルを消してしまったりして、思わぬ不具合に繋がるリスクもあります。

ただ、ライブラリフォルダへ頻繁にアクセスする場合は本記事を参考に、非表示を解除する方法も試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい