[アプリインストール不要] macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法

スポンサーリンク

以前記事にした通り、最新のmacOS Sierra 10.12.2では電池(バッテリー)の残り時間が非表示となり、一部ユーザーにとって不便となりました。

この問題はサードパーティ製アプリをインストールすることで解決できますが、「新たにアプリをインストールしたくない!」という方もいるはず。

http://sp7pc.com/apple/mac/mac-apps/10351

そこで本記事では、新アプリインストール不要で、Macの既存機能で電池残り時間を把握する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Macの既存機能で電池残り時間を把握する方法

方法①:アクティビティモニタで確認

1つ目が「アクティビティモニタ」で確認する方法。

アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「アクティビティモニタ」と進み、

「エネルギー」タブ内下部にて、残り時間をチェックできます。

メニューバーから確認はできず、いちいち「アクティビティモニタ」を開く必要はありますが、シンプルに残り時間をチェックしたいだけなら十分有用な方法となります。

方法②:ターミナルで確認

2つ目が「ターミナル」で確認する方法。

アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」と進み、

下記コードを入力してEnter。

するとターミナル画面上に、「2:11 remaining(=残り2時間11分)」のように、バッテリー残り時間が表示されます。

この方法もメニューバーから確認はできず、いちいち「ターミナル」を開き、さらにコードも覚えておく必要はありますが、普段からターミナルに慣れ親しんでいる方にとっては、むしろ使いやすいかもしれません。

〆:たまに確認する程度なら既存機能でもアリ!

以上、說明でした。

頻繁にバッテリー残り時間を把握したいなら、今回の方法だと煩わしさがあるため、専用アプリのインストールをオススメします。

http://sp7pc.com/apple/mac/mac-apps/10351

が、たまーにチェックする程度なら今回のMac既存機能を使った方法でもアリだと思います。ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい