[Mac] Zipファイル展開/圧縮設定を変更できる! 隠れアーカイブ環境設定を有効にする方法

スポンサーリンク

Macはサードパーティ製アプリをインストールせずとも、標準機能としてZipファイルの展開(解凍)機能と圧縮機能を有しているため、Zipファイルの中身を取り出したり、任意のファイルをZipへ圧縮することができます。

が、展開したファイルの保存場所や圧縮後に残ったファイルの処理など、細かい設定のカスタマイズは通常行うことができません。

最近までボクもそのように認識していましたが、実は隠れた機能として「アーカイブ環境設定」なる設定がMacにはあり、標準のZip展開・圧縮機能の設定変更を行うことができます。

そこで本記事では、そんな隠れカスタマイズ機能について紹介します。

スポンサーリンク

MacのZipファイル展開/圧縮設定を変更する方法

手順①:「アーカイブ環境設定」を有効にする

まずは「アーカイブ環境設定」をシステム環境設定に追加します。

Finder上で下記ディレクトリへ移動して下さい。shiftG で下記フォルダの場所をペーストすると、ラクに移動できます。

次に「CoreServices」→「Applications」と進み、「アーカイブユーティリティ」で右クリックメニューより「パッケージの内容を表示」を選択します。

そこから「Contents」→「Resources」と進み、「Archives.prefPane」をダブルクリックします。

すると「システム環境設定」へ「アーカイブ環境設定」を追加するか確認のポップアップが出るので、インストールをします。

これで「システム環境設定」内に新たなメニューが追加されます。

手順②:Zipファイル展開/圧縮方法をカスタマイズする

「アーカイブ環境設定」も有効にできたので、さっそくZipファイル展開・圧縮方法をカスタマイズしてみます。

「アーカイブ環境設定」へ進むと設定メニューが表示されます。

上半分が展開(解凍)に関する設定変更について、下半分が圧縮に関する設定変更についてとなります。

下記より各メニューの解説をします。

展開したファイルの保存場所

Zipファイル展開後、中身のファイルをどこに保存するか、を変更できます。

通常はZipファイルと同じディレクトリへ保存されますが、プルダウンメニューより好きな場所へ変更可能です。

展開後

展開が完了した後、Zipファイルの処理を変更できます。

通常は元のディレクトリのまま保存されますが、プルダウンメニューより自動で「削除」をしたり、好きな場所へ移動させることも可能です。

展開した項目をFinderに表示

チェックを入れると、展開完了後に中身のファイルをFinder上で自動的に表示することが可能です。

アーカイブの保存場所

Zipファイルへ圧縮後、出来たZipファイルをどこに保存するか、を変更できます。

通常は元のファイルと同じディレクトリへ保存されますが、プルダウンメニューより好きな場所へ変更可能です。

アーカイブのフォーマット

ファイル圧縮時、作成するファイルのフォーマットを変更できます。

通常のアーカイブ

ファイルを一箇所にまとめるだけで圧縮はしない方法となります。拡張子は「cpio」です。

圧縮アーカイブ

ファイルを一箇所にまとめ、かつ圧縮もする方法となります。拡張子は「cpgz」です。

Zipアーカイブ

標準的なファイルの圧縮方法となります。拡張子は「zip」です。

なお、上記アーカイブのフォーマット設定は、Dock上に表示される「アーカイブユーティリティ」アプリアイコンにドラッグ&ドロップした際に適用されます。それ以外の方法(右クリックから「圧縮」など)では通常の「zip」フォーマットで圧縮されるためご注意を。

アーカイブ後

圧縮が完了した後、圧縮元のファイルの処理を変更できます。

通常は元のディレクトリのまま保存されますが、プルダウンメニューより自動で「削除」をしたり、好きな場所へ移動させることも可能です。

アーカイブをFinderに表示

チェックを入れると、圧縮完了後に完成したZipファイルをFinder上で自動的に表示することが可能です。

〆:設定変更よりZip処理を自動化をしよう!

以上、說明でした。

オススメの設定は、「展開 or 圧縮 後のファイル処理」で、自動的に「削除」とすれば、残ったファイル処理を自動化できます。

普段から、Zipファイルの展開や圧縮が多い方は、今回の設定で少しでも自動化させることで作業の効率がアップするはず。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい