[Mac] 外付けHDDにTimeMachine(タイムマシン)領域とWindows対応のデータ領域 を作る方法

スポンサーリンク

Macのデータをバックアップするために、外付けHDDでTimeMachine(タイムマシン)を動かしたのですが、その後、外付けHDDをWindowsに繋げたところ、読み取りがされない問題が発覚しました。

どうやら、MacとWindowsではフォーマット形式が違うので、そのままだと動かない模様・・・。

そこで本記事では、1つの外付けHDDに、MacのTimeMachine領域と、Windowsでも使えるデータ領域、両方を作成する方法を紹介します。

記事中では、Mac OS 10.9.4(Mavericks)を利用して說明をしています。

photo by IMG Lighting

スポンサーリンク

外付けHDDに 2つのデータ領域を作る方法

手順①:外付けHDDのパーティションを2つに分ける

まず、「アプリケーション」→「ユーティリティ」より「ディスクユーティリティ」を開いて下さい。

ディスクユーティリティを開いたら、左メニューより該当する外付けHDDを選択。

表示されるタブの中から「パーティション」を選び、パーティションのレイアウトから、「2パーティション」を選択して下さい。

手順②:フォーマット形式を調整する

ここから、TimeMachine用のパーティションと、Windows用のパーティションについて、名前とフォーマット形式を変更します。

TimeMachine領域の調整

まず、2パーティションのうち、1つ目の名前を変更しましょう。ボクは1つ目をMacのバックアップ用に使いたいので、分かりやすく「TimeMachine」としておきました。

そして、フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択して下さい。

サイズの変更も用途によっては、アリですね。

Windowsデータ領域の調整

続いて、もう一方も変更していきましょう。

ボクの場合、主にWindowsのバックアップに利用するので、名前は「DATA」にしました。

フォーマットはWindowsで起動できるように「MS-DOS (FAT)」を選択して下さい。

以上で、ディスクユーティリティを利用した作業は終了です。

あとは、TimeMachineの設定を少し変更します。

手順③:TimeMachine設定を調整する

「システム環境設定」→「 TimeMachine」を開き、トグルを「入」に変更、「ディスクを選択…」を選んで下さい。

先ほど作成した「TimeMachine」のディスクを使用します。

これで、TimeMachineのバックアップデータは、外付けHDDの「TimeMachine」ディスクに、通常のWindowsなどのバックアップデータは「DATA」ディスクに保存できるようになりました。

以上で完了です!

また、外付けHDDを活用してMacのストレージ容量を節約するワザは色々あり、例えばiTunesのiPhoneバックアップデータ保存先を外付けHDDへ変更することもできます。

関連記事

外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法! 保存先を変更してMacのストレージ空き容量を増やす

iPhoneのバックアップデータがMacを圧迫していてお悩みの方は、合わせてどうぞ。

〆:一度設定すれば とっても便利!

以上、[Mac] 外付けHDDにTimeMachine(タイムマシン)領域とWindows対応のデータ領域 を作る方法 の説明でした。

この記事を追記している現在(2016年10月)まで、2年以上設定変更することなく、1つの外付けHDDでTimeMachineのバックアップデータと、Windowsのデータ管理に利用できています。

ディスクユーティリティの操作が若干複雑ですが、一度設定をしてしまえばその後調整は不要です。

ボクのように外付けHDDを設定したい方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい

『[Mac] 外付けHDDにTimeMachine(タイムマシン)領域とWindows対応のデータ領域 を作る方法』へのコメント

  1. 名前:giri 投稿日:2015/10/10(土) 20:23:57 ID:fcb28e4d9 返信

    わかりやすくありがとうございます!
    僕の外付けHDDだとMS-DOS (FAT)が選べなかったので、exFAT(こっちでもWINDOWSで共有可能)で分けました。