Macでスクリーンショットの保存ファイル形式(拡張子)を変更する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4866_20

Macでスクリーンショットを撮影するとファイル形式はpngで自動保存されますが、「jpgやpdfにしたい!」という方もいるでしょう。

そこで本記事では、スクリーンショット保存時のファイル形式を変更する方法について說明します。

スポンサーリンク

スクリーンショットのファイル形式を変える方法

手順①:ターミナルを起動

ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

4822_06

手順②:コマンドを入力

例えば、「jpg」で保存したい場合、下記のコマンドを入力し「Enter」キーを押します。

続いて変更を適用させるために、下記コマンドを入力し、「Enter」キーを押します。

以上で完了!これで今後スクリーンショットを撮影すると「jpg」で保存されます。

補足①:様々なファイル形式へ変換

以上が基本的な説明ですが、もちろん、jpg以外のファイル形式にも設定はできます。

最初に入力したコマンドの「type」の後ろの部分を変更すれば、任意の形式にできます。

例えば、pdfにしたいなら、

となります。

対応しているファイル形式は、

  • jpg
  • png
  • bmp
  • gif
  • tif
  • pdf
  • pict
  • jp2
  • psd
  • sgi
  • tga

です。

補足②:元に戻す方法

元に戻す場合は、コマンドでデフォルトのファイル形式であるpng形式にすればOK。

ターミナルで下記コマンドを入力し、「Enter」キーを押します。

適用のため、一度リセットのコマンドを入力します。

以上で元のpng形式となります。

〆:好きなファイル形式へ変更しよう!

以上、說明でした。

スクリーンショット撮影時のファイル形式変更は、本記事の通りカンタンに実行できるので、ぜひお試しあれ。

またそれ以外のMacのスクリーンショットにまつわる様々な豆知識については、タグ「Macスクリーンショット」をご参考下さい。

via – Inforati

photo – flickr

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする