[Mac] 印刷機能であらゆるファイルやWebページもPDFへ出力変換して保存する方法

スポンサーリンク

ブラウザで見ているWebページを保存する方法は様々ですが、PDFに変換してしまえばレイアウトが崩れることなく、カンタンに保存・共有ができて便利です。

またビジネスの現場でも、オフィス系ファイルをPDFにしてから共有する機会も多いでしょう。

このように用途の多いPDFファイルは、実はMac標準の印刷機能を使えば、あらゆるファイルやページもPDFに出力変換して保存することができます。

そこで本記事では、閲覧しているWebページや文書ファイル、表ファイルや画像ファイルなどなど、印刷できるモノは何でもPDFとして保存できるMacの印刷機能を紹介します。

photo by vixrealitum

スポンサーリンク

Macの印刷機能でPDFへ変換して保存する方法

手順①:メニューバーより「印刷」をクリック

まず、印刷ができるファイルやページを何でも良いので用意して下さい。

続いて、用意したファイルやページで「印刷」を選んで下さい。

例えば、食べログのとあるページを使って説明をする。

メニューバーから「印刷」ボタンを探すか、Macの場合、command + P で印刷画面を開けます。

手順②:「PDFをプレビュー」を選択する

次に、表示される印刷画面の左下にある「PDFをプレビュー」をクリックします。

また画像ファイルなどの場合は、左下「PDF」オプションより「プレビューでPDFを開く」を選んで下さい。

ファイル形式や使用しているアプリによっては、上記2例とは異なる表示になるかもしれませんが、いずれにせよ、「PDFファイルとしてプレビューで開く」という選択をすればOKです。

手順③:PDFで保存する

すると、表示していたファイルやページの印刷画面が、PDF形式で表示されるので、後は保存するだけ。

紙で印刷せずにPDFで保存できるメリット

以上、Macの印刷機能を使って「PDF」ファイルとして保存する方法の紹介です。

このように紙ではなくPDFで保存できるようになると、様々なメリットがあります。

その①:印刷代と紙代の節約ができる

特にWebページが該当すると感じますが、今までの「とりあえず印刷」が「とりあえずPDFで保存」に変わることで、発生していた印刷代・紙代を節約できます。

例えば、ぐるなびや食べログなどで気になるお店の情報や地図を見つけ、印刷していた場合、PDF保存することで、節約に加え、後からPCやスマホの画面上で情報のチェックができるようになります。

その②:後から印刷もできる

一方で、どうしても紙で印刷すべき情報もあるでしょう。

そんな時、プリンターが近くになかったり、今は印刷している時間がない、という時、サクッとPDF保存できれば、後から「印刷」という選択肢をとることができます。

その③:情報の共有が捗る

友人や同僚に対し、とあるファイルや画面を共有したい時、印刷した「紙」ではなく「PDF」で共有することで、スピードが向上します。

また「PDF」なら、OSやデバイス問わず、一定のレイアウトで共有できる点も魅力です。

その④:情報の蓄積が捗る

印刷した「紙」で情報を保存しておくと、物理的な保存場所が必要ですし、後からの検索が面倒です。

これが「PDF」になれば、保存も検索もラクになり、情報の蓄積が捗ります。

〆:まずは「印刷」からとりあえず「PDFで保存」へ

以上、[Mac] 印刷機能であらゆるファイルやWebページもPDFへ出力変換して保存する方法 の説明でした。

ボクは数年前にこの方法を知ってから、印刷機をほとんど使わなくなりました

おそらくWindowsでも似たような機能があと思いますが、Macでの方法に慣れてしまったので、ボクにとってMacを使い続ける理由の1つになっています。

まだ試したことない方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい