グラブ – Macでスクリーンショットを時間差で撮影する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7225_20

Macでスクリーンショットを撮影する際、多くの方がショートカットキーの組み合わせを利用していると思います。

Macでスクリーンショットを撮影する方法(ショートカット)[全体/指定範囲/ウインドウ]
Macでスクリーンショットを撮影する方法(ショートカット)[全体/指定範囲/ウインドウ]
Macでスクリーンショットを撮影する方法、ご存知でしょうか。大多数の方にとって、スクリーンシ...

が、状況によっては、時間差(5秒後の画面を撮影、など)のスクリーンショットを撮影したい、ということも。

本記事では、Mac標準機能である「グラブ」を使った時間差の画面撮影方法について説明します。

スポンサーリンク

Macでスクリーンショットを時間差で撮影する方法

手順①:「グラブ」を起動

アプリケーション一覧より「ユーティリティ」を開き、「グラブ」を起動します。

7225_01

手順②:「グラブ」のタイマー機能を使う

「グラブ」起動後、メニューバーより「取り込み」→「タイマー」と選択します。

7225_02

すると、タイマーを使った画面撮影となるため、「タイマーを開始」をクリック。

7225_03

10秒間待つ間に、カメラアイコン右上のタイマーが徐々に赤くなるアニメーションが出ます。

7225_04

手順③:撮影された画像を保存

10秒後に自動的に画面全体のスクリーンショットが撮影されるので、後は名前を付けて保存すれば完了です。

7225_05

「グラブ」のタイマー時間を変更する方法

補足として、初期設定ではタイマーの時間が10秒間となっていますが、ターミナルを使うことで好きな時間へ変更して撮影ができます。

手順①:ターミナルを起動

「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

4822_06

手順②:コードを入力

後は、ターミナルで下記コードを入力し、Enter。

コード入力後、指定した秒数が経った後、自動的にスクリーンショットが撮影されます。

補足:

「-T」の後ろの数字が秒数を示しており、上記では5秒後に撮影する設定となります。従って、この数字を好きな数字へ変更することで、撮影時間を自由にカスタマイズできます。

ちなみに、数字の後ろがスクリーンショット画像の名前を示します。上記例では「test.jpg」という名前で保存されます。

保存場所は、自動的にユーザーフォルダ直下へ保存されます。

時間差の撮影方法が活躍する場面

ちなみに、時間差で撮影する方法は、どのような場面で活躍するのでしょうか。

一言でいうと、「ショートカットキーの組み合わせでは撮影できない画面まで撮影したい」、という時、必要となります。

例えば、アプリケーション一覧を右クリックすると様々なメニューが表示されますが、実は「option」キーを押すと、隠れ項目が表示されます。ただし、これを撮影したいと思ってスクショのショートカットキーを押そうとすると、「option」キーを離すことになり、撮影ができないのです。

他にも様々あると思いますが、このようにショートカットキーを同時押しすると表示できない画面を撮影したい時に、大活躍することが予想されます。

〆:実は初めて「グラブ」を使った

以上、説明でした。

実は本記事執筆にあたり、Macを利用して初めて「グラブ」アプリを利用しました。それくらいマイナーな標準アプリだと思います。

時間差でMacのスクリーンショットを撮影したいなら、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする