[Mac] 迷惑な通知センターを「おやすみモード」で半永久にオフにする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7370_04

Macに搭載されている「通知センター」を使っていますか?

様々なアプリの通知履歴をチェックできるため便利である反面、(ボクのように)まったく利用していないなら、煩わしい機能でしかありません。

そこで本記事では、Macの通知センターを「おやすみモード」をうまく活用することで、半永久にオフにする方法を説明します。

スポンサーリンク

「おやすみモード」で通知センターをオフに

「おやすみモード」を用いた方法が一番ラク

実は通知センターをオフにする方法はいくつかあります。

・ターミナルを用いて強制的にオフに

・アプリ毎に通知を設定

・サードパーティ製アプリで強制的にオフに

・「おやすみモード」を用いてオフに

この中で「おやすみモード」を用いた方法が、「一番カンタンに設定でき」かつ「元に戻したいときもラク」です。

特に「通知センターは必要な時もあるんだけど、集中したい時はオフにしたい!」という方にとって最も最適な方法だと感じます。

「おやすみモード」の欠点として、翌日になると自動的に「おやすみモード」が解除され、通知センターが復活する、という点がありますが、うまく設定をカスタマイズすることで、この欠点を克服することができます。

下記より具体的な設定手順を說明します。

手順①:通知設定を開く

まず、「システム環境設定」より「通知」設定を開きます。

7370_01

手順②:「おやすみモード」の時間を24時間で設定

続いて「おやすみモード」設定画面を開き、適用させる時間を指定します。ここで、「22:00-7:00」のように夜間だけにすると、日中は自動的に「おやすみモード」が解除され、「通知センター」もオンになってしまいます。

そこで適用させる時間を「22:01-22:00」など、ほぼ24時間となるよう設定することで、ほぼ常時「おやすみモード」がオンとなるため、半永久的に「通知センター」をオフにすることができます。

7370_02

設定は以上です。「おやすみモード」適用中、「通知センター」は下記のような表示となります。

7370_03

一時的に通知センターをオンにしたいなら

通知センター内からオンに変更

「おやすみモード」に設定した時間内で、一時的に「通知センター」をオンにしたい場合、先ほどの「おやすみモード」設定画面からチェックを外しても、終了時間までは「おやすみモード」は解除されません。

そこで今すぐに「通知センター」をオンにしたいなら、直接メニューバー右上の通知センターアイコンより、「おやすみモード」を解除する必要があります。

7370_20

超カンタンなショートカットがオススメ

ちなみに、上記手順をカンタンにするショートカットがあるので紹介します。

“alt(option)”キーを押したままメニューバー右上の通知センターアイコンをクリックすると、

7370_21

この通り、わざわざ「おやすみモード」トグルをクリックすることなく、オン・オフの切り替えができます。

まとめ:「通知センター」を使いこなそう

以上、説明でした。

ボクは、Macに限らず、iPhoneやAndroidも含め、どうも通知センター(通知領域)を見るのが好きではなく、ほぼ使っていません。

同じようにMacの通知に煩わしさを感じていたなら、本記事の方法なら気軽に設定できオススメです。

ちなみに、今回の方法はあくまで擬似的に「通知センター」を無効にしているだけです。もし今後もまったく使う予定がなく、完全に無効化したいなら、下記記事をどうぞ。

通知に邪魔されない、快適なMacライフをどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする