専用ソフト不要!複数ファイルの名前を一度にリネームできる Macの隠れた標準機能

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8336_16

以前、Mac向けリネームソフトとして、「Shupapan」を紹介しました。

が最近、Macの標準機能として、同様のことができると知りました。

サードパーティ製のソフトをなるべくインストールしたくない、という方にオススメです。

スポンサーリンク

複数ファイルの名前を一度にリネームする方法

手順①:リネームしたいファイルを複数選択

まず、名前を変更したいファイルを複数用意します。

次に、該当ファイルをすべてドラッグで選択状態にします。

8336_01

手順②:右クリックから名前を変更

複数選択した状態で右クリックよりメニューを表示。その中から、「◯項目の名前を変更…」を選びます。

8336_02

手順③:リネームダイアログから名前を決定

すると、リネーム専用のダイアログ画面が表示されます。

8336_03

ここで、リネーム基準を設定後、右下の「名前を変更」を選ぶことで、複数ファイルを一度にリネームすることができます。

下記より基本的なリネーム基準の設定方法を解説します。

設定①:「フォーマット」でリネームする

リネームの基準として、

テキストを置き換える

テキストを追加

フォーマット

の3種類があります。

今回の目的は、「複数ファイルを任意の規則に従って一度にリネームすること」なので、「フォーマット」に変更します。

8336_04

設定②:「名前のフォーマット」を設定する

続いて、「名前のフォーマット」項目を好みの基準へ設定します。

8336_05

名前とインデックス

「”名前”+”インデックス”」(例:File1.png)の基準でリネームできます。

”名前”の部分は、後述する「カスタムフォーマット」で任意の文字へ変更可能で、”名前”の後ろに付く数字(インデックス)は、同じく後述する「開始番号」で任意の数字へ変更可能となります。

8336_08

名前とカウンタ

「”名前”+”カウンタ”」(例:File00001.png)の基準でリネームできます。

”名前”と”カウンタ”の部分は、先ほど同様カスタマイズ可能です。

8336_07

名前と日付

「”名前”+”日付”」(例:File2016-09-19 11.12.47 午前.png)の基準でリネームできます。

”名前”の部分はカスタマイズ可能ですが、”日付”の部分は変更時点の日時で一意に決まるため、カスタマイズできません。

8336_09

補足:”インデックス”と”カウンタ”の違い

ここで、”インデックス”と”カウンタ”が似たような設定だと気付きます。

細かい違いとして、”インデックス”は純粋に桁数に合わせた数字が設定されるのに対し、”カウンタ”は桁数に関わらず、数字の前に”0”を付けることで、5桁の番号を設定します。

1桁台数のファイルをリネームするなら、どちらでも好みで選べば良いと思いますが、2桁台数以上(20個とか100個)のファイルをリネームする場合、”カウンタ”表記をオススメします。

理由は、「複数ファイルの連番の桁数がズレていると、並び順が思い通りにならないため」です。詳細な説明は、下記記事の「参考:連番処理の注意点」の部分をチェックして下さい。

設定③:「カスタムフォーマット」を設定する

設定②の”名前”の部分を、好きな文字へ変更できます。

例:File

英字の名前はもちろん設定できます。

8336_10

例:ファイル

日本語表記もOKです。

8336_11

例:顔文字

その他、こんな(^_^;) 顔文字でもOKです笑。

8336_12

設定④:フォーマット並び順を「場所」で設定する

「場所」項目で「名前の後」とすると、”名前”+”数字”のような並び順となります。

8336_13

一方、「名前の前」とすると、”数字”+”名前”のように、先ほどとは逆にできます。

8336_15

設定⑤:「開始番号」で数字を設定する

最後に、「開始番号」に任意の数字を入れることで、連番のスタート番号を変更できます。

デフォルトは”1”ですが、”1000”なども可能です。

8336_14

まとめ:基本的なリネームならMac標準機能でOK

以上、説明でした。

記事の通り、リネームで欲しい基本的な機能は、今回のMac標準機能に搭載されているため、わざわざサードパーティ製のリネームソフトをインストールする必要はないでしょう。

一度使ってみて、機能的に不十分であれば、リネームソフトを検討すれば良いと思います。

また、今回紹介した機能は、ボクも最近まで知らなかった方法でした。

Macはこのような隠れ機能が色々となるので、今後も見つけ次第、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする