[Mac] どんなアプリも最初にインストールした状態の初期設定に戻すリセット方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8649_05

Macで様々なアプリを使っていると、たまに初期設定の状態に戻したい、というときがあります。

アプリによっては、リセット機能を搭載したものもありますが、すべてではありません。

そこで本記事では、Macのどんなアプリでも、最初にインストールした状態である初期設定に戻す方法を記載します。

スポンサーリンク

任意のアプリを初期設定に戻す方法

方法は大きく2種類あり、

・専用アプリを使って、設定ファイルを一度に削除する。

・Libraryフォルダにある設定ファイルのみ、個別に削除する。

となります。

下記よりそれぞれの方法について、説明します。

1つ目の方法:「AppCleaner」で一度に削除

1つ目の方法がコチラ。

AppCleaner」というアプリを完全にアンインストールするフリーソフトを使った手法となります。

アプリのアンインストールを補助するアプリは数多くありますが、「AppCleaner」の特徴として、

操作が非常に楽

漏れなくアプリ関連ファイルまで消去可能

消去するファイルを個別に選択可能

アプリの動作が軽い

などのメリットがあります。

2つ目の方法に比べ、操作はカンタンなのでオススメです。

手順①:「AppCleaner」を入手

まず、「AppCleaner」をインストールします。

ダウンロード後、アプリケーションフォルダへ移します。

手順②:リセットしたいアプリをドラッグ&ドロップ

さっそく「AppCleaner」を起動すると、ウインドウが表示されます。

続いて、リセットしたいアプリを選び、「AppCleaner」ウインドウ上へドラッグ&ドロップします。

8649_01

するとアプリ本体の他、関連するファイルまで自動で抽出して削除対象としてくれます。

8649_02

ここで重要なのが、すべてにチェックが入った状態で「Remove」を選択すると、アプリ本体自体も消去され、再度インストールする手間が増えるため、アプリ本体のチェックは外した状態で、「Remove」を選びます。

以上で完了。アプリを再度立ち上げると、今までの設定がすべてなくなっているため、アカウントのログイン画面やアプリのチュートリアル画面から始まります。

2つ目の方法:Libraryフォルダの設定ファイルを削除

2つ目の方法がコチラ。

各アプリの設定情報は、Libraryフォルダにある設定ファイルに入っているため、個別に該当ファイルを見つけ、削除する手法となります。

「AppCleaner」をインストールしたくなかったり、個別に削除する自信がある方は、2つ目の方法を選んで下さい。

手順①:Libraryフォルダを開く

まずはLibraryフォルダへ移動します。

方法は色々とありますが、Finder上で「command⌘ + shift + G」を押すと、移動先のパスを入力できる画面が表示されるので、

と入力して移動するとラクです。

8649_03

手順②:リセットしたいアプリの関連ファイルを探す

Libraryフォルダへ移動できたら、続いて当該フォルダ内で、リセットしたいアプリの関連ファイルを探します。

右上の検索バーにアプリ名を入力後、検索範囲を”ライブラリ”とします。また、設定ファイルはフォルダ内にあるので、さらに詳細条件として、”種類”を”フォルダ”とします。

8649_04

手順③:関連ファイルを消去

以上の検索で表示されたフォルダにアプリの設定情報が入っているため、消去します。

注意点として、当然 関係ないファイルまで消去していまうことに気を付けましょう。特に有名アプリ(twitterなど)の関連アプリをインストールしている場合、名前が似ていることが多く、誤って消去してしまうことがあります。

まとめ:アプリをリセットしたいとき便利!

以上、説明でした。

アプリの動作が重くなったり、起動しなくなった際は、一度本記事で紹介した手法で初期設定に戻すと改善するケースがあります。

2つ目の方法は多少知識がないと誤った操作をしてしまう可能性があるため、1つ目の「AppCleaner」を使った方法がオススメです。

お試しあれ。

参考サイト:How to Geek

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする