iOS のマップで現在地を簡単に伝える方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
309_01

309_02

待ち合わせをするとき、自分のいる場所をうまく相手に伝えられないときって、ありますよね。

特に不慣れな場所だと、周囲の建物の情報だけでは、なかなか相手に分かってもらえないものです。

そんなとき、iPhoneを取り出して、AppStoreへ行き、現在地を相手に伝えるAppを検索してませんか?

iOSデバイスに標準で搭載されている『マップ』で、簡単に現在地を相手に送ることができます。

How to

まずは『マップ』アプリを開いて下さい。

ここでは東京駅近くで待ち合わせをする状況を考えます。

309_03

左下の矢印マークをタップして、マップ上に自分の現在地を表示させ、そこにピンを設置して下さい。

(ピンはマップ上で長押しすると、該当箇所に設置されます。)

309_04

マップ上に設置されたピンをタップすると、設置場所の詳細情報が表示されます。

右上の共有ボタンをタップして下さい。

309_05

あとは相手にメッセージやメール、SNSを使って現在地を送信すれば、相手のPCやスマートフォン上のマップアプリに、あなたの現在地が示されます。

309_06

いかがでしょうか。

これでもう、待ち合わせで迷うこともないですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする