サラリーマンこそBufferでSNS投稿すべき、3つの魅力

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5106_01

ボクはtwitterでつぶやく際、必ず「Buffer」を通して投稿をしています。

本記事では、個人的に感じるBufferのメリットを記載します。特に時間に制約のあるサラリーマンにオススメのサービスです

スポンサーリンク

Bufferとは?

そもそも、「Bufferって何?」という方向けに分かりやすく説明すると、BufferはSNS予約サービスです。Facebookやtwitter、Google+など、各種SNSサービスに対応しており、数時間、数日先の投稿を予約することができます。

基本利用は無料で、PCはもちろん、スマホにも対応。

Buffer for Twitter, Pinterest & Social Media Scheduling

Buffer for Twitter, Pinterest & Social Media Scheduling
開発元:Buffer, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Bufferが便利だと感じるシーン

その①:毎日決まった時間につぶやける

時間に制限があるサラリーマンの場合、好きな時間にいつでもSNSへ投稿できるとは限りません。特に、平日の昼間につぶやくのは至難の業です。

そんな時でも、Bufferを使えば、例えば仕事で残業中であっても、友人と遊んでいても、毎日決まった時間帯にSNSを投稿できます

その②:つぶやき量をバランスよくコントロールできる

つぶやける時に、一気にまとめてtwitterへ投稿する人もいるかと思いますが、フォロワーからすれば、いきなりタイムラインへ大量の投稿が登場すると、嫌悪感を抱く人もいます

そこで、Bufferを使って、つぶやける時にまとめて予約投稿をしておき、投稿日時を分散させることで、バランスのとれたつぶやきを実現できます。

その③:リンク先URLが自動で短縮化される

twitterは文字制限があるため、なるべくつぶやきにURLが含まれる場合、なるべく短縮すべきです。

URL短縮の専用サービスも存在しますが、Bufferを通してつぶやくと自動的にURLが短縮化されるため、URLの長さを気にせず、twitterへ投稿ができます。

余談:

初期設定のタイムゾーンがなぜかロシア

最後に余談ですが、当初Bufferに登録した際、初期設定のタイムゾーンがなぜかイルクーツク(ロシア)に設定されていました。

イルクーツクは日本より1時間遅いので、この状態で予約投稿をしようとすると、設定時刻の1時間後に投稿がされる、という仕様になっていました

設定で日本時間に変更できましたが、まだ登録したばかりの人はご注意を。おそロシア・・・。

日本語対応は未熟

各種設定項目の表記は基本、英語となっています。

初期設定を済ませてしまえば、通常利用時には特に気にはならないのですが、色々と設定をいじくる時に、英語が苦手な方にとっては壁になるかもしれません。

サラリーマンにこそ、Bufferをすすめたい

Bufferは自分の時間を自由に使えない方にとって、より魅力あるサービスだと感じます。

特にサラリーマンなど、いつでもSNSを利用できない層こそ、Bufferを使って、投稿バランスをコントロールすることで、快適なSNSライフを送れると思います。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする