有名商品・サービスが1秒間にどれほど販売・利用されているか可視化したサイト「Every Second」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7634_04

以前、歴代iPhoneが1秒間にどれほど販売されているか、可視化したサイトをご紹介しました。

今回、iPhoneに限らず、facebook・YouTubeなど、世界の有名サービスが1秒あたりどれほど利用されているか、を可視化した同類サービス「Every Second」を見つけたので、紹介します。

スポンサーリンク

有名サービスの数字を可視化「Every Second」

サイト「Every Second」は、下記3つのサービスがどれほど使われているか、を数字で体感できる面白いサイトとなっています。

facebookがどれほど使われているか を可視化!

「Every Second」 – facebook

facebookのイイね数、写真アップロード数、友だち申請数など、あらゆるアクションに対して、毎秒いくつ行われているか、が可視化されています。

イイねは50,000回/秒、友だち申請は1,600人/秒など、facebookが世界中で幅広く利用されていることがよく分かります。

7634_01

Apple製品やサービスがどれほど使われているか を可視化!

「Every Second」 – Apple

iPhoneやiPadなどハード製品の販売数はもちろん、Apple Storeのアプリ数やiTunes音楽のダウンロード数、Appleの売上数値などなど、Appleにまつわるあわゆる数値がどれほどあがっているか、が可視化されています。

iPhoneは6台/秒、売上は600,000円/秒、アプリのダウンロードは800回/秒、とAppleが儲けているのがよく分かります。

7634_02

YouTubeがどれほど使われているか を可視化!

「Every Second」 – YouTube

YouTubeの再生数や動画アップロード数、twitterでのシェア数などなど、YouTubeの利用に関わるあらゆる指標が可視化されています。

再生数は30,000回/秒、動画は6.5時間/秒 分の動画をアップロードされ、twitterへは11シェア/秒、とYouTubeが世界一の動画サイトだとよく分かります。

7634_03

順次ラインナップは増加予定

現在(2016年8月)は以上3サービスのラインナップとなっていますが、今後順次追加予定とのこと。

個人的に、1秒間にGoogleアカウントがいくつ作成されているか、気になります・・・。Apple IDやtwitterなど、有名サービスのアカウント作成数とかも知りたいですね。

有名サービスの桁違いな力を体感できる

以上、説明でした。

世界中で使われているサービスの桁違いな数字を見て、いかに日々の生活に浸透しているか、がよく分かります。

日本企業だと、トヨタが1秒間に販売している車の台数や利益などは映えそうですね。

世界の有名サービスの力を数字で体感したいなら、ぜひご参照あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする