SIMロック解除が原則になるとiPhoneが不人気になる理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1821_20

近年はMVNO(格安SIM)やSIMロックフリー端末が話題になっています。

総務省から携帯キャリアに対して、SIM解除を求める原則が出てますし、今年はさらに盛り上がるのでは、という流れになっているかと思います。特に日本で大人気のiPhone最新機種をSIMフリーで使いたい!、という声もあるのではないでしょうか。

そこで今回、SIMフリー端末が流行りだすと、iPhoneを買う人が減るんじゃないかと感じた懸念事項について書きます。

スポンサーリンク

SIMロック解除でiPhoneが不人気になる理由

端末の購入コストが上がる

日本が海外に比べてiPhoneがここまでヒットした理由は、日本人のブランド志向とか、シンプルなUIが好きとか、いろいろ言われてますが、一番の理由は、iPhone本体の安さなんじゃないかなー、と僕は思っているのです。

1821_03

じゃあ、なんで安かったのか。これもいくつか理由がありますが、1つに、携帯キャリアによって「SIMロックがかけられていたから」があります。キャリアは安く売っても、SIMロックのおかげで利用者が他社の回線でiPhoneを使うことができません。そのため、本体を値引きしても毎月の通信料で十分コストを回収できてました。

1821_04

ではSIMロック解除が原則となるとどうなるか。携帯キャリアからすれば本体を値引きして売っても、利用者が他社へ流れてしまうリスクを抱えることになります。従って、Appleのオンラインショップで販売されているように、高価格でiPhoneが販売されるようになり、iPhoneが日本でヒットした大前提が崩されるのでは、と僕は思うのです。

その他・・・

あとは、サポート体制が不安なんじゃないかな、と思います。

格安SIMとiPhoneを組み合わせた際、通信が正常に働くか、という問題が、SIMフリーのiPhoneには出てきます。

以前も、iOS8にしたらSIMを使えなくなった!という、mineoの例がありますし・・・。

iPhone購入者の大多数は、スマホにあまり詳しくない層が多い気がしますし、来年度携帯キャリアからSIMフリー版iPhoneが販売された際、サポート体制がどうなるか、も今後のiPhoneの人気を左右するのでは、と思ってます。

ちなみに僕は現在、Xperia Z1をドコモ回線で使ってますが、端末分割払いが終了したら、SIMフリー端末を試してみたいです。

iPhoneにするかどうか、はこの記事で述べたように、値段次第・・・ですね。

photo – flickr

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする