MVNO(格安SIM)は音声プランにすべきか、データプランにすべきか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4320_01

MVNOでスマホの利用を考える場合、音声通話機能付きプランにすべきか、データ専用プランにすべきか、悩むところでしょう。

かくいうボクも、現在楽天モバイルを利用していますが、当初音声プランかデータプランか、でかなり悩みました

最終的には、以前記事にした通り、090番号を受信専用番号として用意する必要があったため、音声プランを選択しましたが、090番号が重要でない方にとっては、データプランも十分魅力的でしょう。

多くのMVNOが提供するプランでは、だいたい700-800円ほどデータプランに上乗せすることで、音声通話機能が利用できるようになります。

一方で、近年では050番号などIP通話サービスも発達し、LINEやSkype、facebookなど人気SNSアプリでも通話ができるようになっています。

本記事では、音声プランとデータプラン、それぞれの代表的な特徴を紹介します。

スポンサーリンク

音声プランのメリット

その①:今まで使ってきた携帯番号を維持できる

人間関係に支障がない

昔からの090携帯番号を維持することで、友人や家族など、自分の人生の中で大切な人達からの連絡を確実にとれるようにできます。ボクもこれが理由で、音声プランを選択しています。

各種サービスの再登録が面倒

また、クレジットカードなどの各種金融系の登録だったり、Googleやfacebookのアカウントなど、インターネット関連の登録で、携帯番号を用いている場合、登録し直しが必要になる可能性があり、面倒です。

誰でも090番号は使える

本記事の後半で紹介するデータプランの場合、050番号やfacebook、LINEなどでIP電話をすることになりますが、この方法だとコストが安い分、相手にも一定のITリテラシーが求められるなど、不便な面も存在します。

どの世代に対してもおなじみの方法で連絡をとれる携帯番号は、昔からの”繋がり”を維持する、という面でメリットがあります。

②:特番にもかけられる

110番や119番など、いざというときの緊急連絡先へ携帯番号ならかけれます

正直、ボクは20数年間の人生の中で、これら緊急連絡先を利用したことは一度もありません、が、何があるか分からないのが人生。

③:通話品質がよい

IP電話に比べた、携帯電話の代表的なメリットです。

携帯番号での通話は音質がクリアで、相手の声がはっきりと聞こえます

データプランのメリット

その①:安い、とにかく安い

安さ、が一番の特徴です。

基本料金が音声プランに比べ、700-800円ほど安いため、毎月の維持費で差がつきます。また、電話をした場合、IP電話に比べ、音声通話機能の30秒あたり課金体系は高いので、通話すればするほど、さらに差が出ます

NTT Comの「050 plus」や楽天の「SMARTalk」などの050番号や、facebookやLINEなどSNSの通話サービスなど、データプランでも利用できる通話手段はいくつもあります。

以上より、ほとんどのケースで、データプランの方がコストを抑えられます。

その②:「一定期間だけ利用」もできる

音声プランの場合、プランに縛りがあるため、音声通話をまったく使わない月でも維持費がかかりますが、050番号などIP電話の場合、2ヶ月だけ契約など、柔軟に利用期間をコントロールできます

例えば、日本に滞在する2ヶ月間だけ通話手段が欲しい、などの場合、050番号やLINE、facebookといった手段の方が、コストを抑えられます。

その③:海外にいても、日本同様の方法とコストで利用OK

インターネットに接続できる場所なら通話が可能であるため、例えば海外出張時、ホテルのWi-Fiを利用すれば、無料で日本へ国際通話ができます。

また、通常の携帯番号での発信とは異なり、国番号など入力する必要がないため、日本にいるときとほぼ同様の方法で国際電話が利用できます

④:そもそも携帯番号でガッツリ通話するなら、MVNOにすべきでない

ドコモやauなど、大手キャリアのプランなら電話し放題プランが用意されていたり、通話料の割引サービスが用意されていたりします。

しかし、MVNOだと基本従量課金となります。そのため、せっかくコストを抑えるためにMVNOにしたのに、通話をたくさんして、むしろ高くなってしまった!、というパターンもあり得ます。

最近では楽天モバイルなどで通話し放題プランも用意されていますが、すべてのMVNOで用意があるプランではありません。MVNO業者を決定した後になって、実は通話をたくさんしてた、と気がついても手遅れになる可能性もあります。

正解は1つではない

以上、MVNOの代表的な特徴でした。

冒頭に述べた通り、ボクは音声プランを選択しましたが、人によってはコスト重視で、データプランにする人もいるでしょう。使い方や何を重視するかによって、答えは大きく変わるため、本記事を参考に、自分の利用用途を再検討することをオススメします。

繰り返しになりますが、音声プランにすると縛りが発生し、すぐに音声プラン→データプラン、と変更ができない場合がありますので、ご注意を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする