090/080携帯番号の必要性! 節約のため格安SIMを050回線(IP電話)で運用できるか?

スポンサーリンク

ボクは現在、携帯電話を「楽天モバイル」を利用しています。

関連記事

楽天モバイルのメリット/デメリットまとめ! MVNOを1年以上使って感じる格安SIMの魅力

楽天モバイルを始め、格安SIM/MVNOは大手キャリアとは異なり、スマートフォンでもカケホーダイプランではないため、電話を多用する人は、かえって料金が高くなるリスクがあります。

そこで、楽天モバイルにしてから2ヶ月間、「090-****-****」の携帯電話番号の他、050番号(IP電話)を取得し、発信はなるべく050番号を用いる運用をしてみました。

そこで本記事ではその感想を記載します。

記事中では便宜上、「090」や「080」から始まる一般的な携帯番号を「090番号」、「050」から始まるIP電話番号を「050番号」という表記で記載しています。

photo by Dominik Syka

スポンサーリンク

050番号でも通話音質は悪くはない が…

050番号は「SMARTalk」を利用

今回、ボクが利用した050番号は「SMARTalk」という楽天系のIP電話サービスです。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
無料
posted with アプリーチ

iOS 要件:7.0 以上

Android 要件:2.3.3 以上

価格:無料(通話料は別途必要)

最近は、この手の通話を抑えるIP電話サービスが乱立しており、なかなか比較が難しいですが、いくつかのサイト様で比較記事を執筆されているので、ぜひご参照下さい。

参考 スマホでんとく – 050番号付与のIP電話アプリ比較表

ボクの場合、「初期費用&月額基本料が0」という点でこの「SMARTalk」を選択しました。

基本的に 会話は可能なレベル

元々、この手のIP電話サービスは、めちゃくちゃ音質が悪いんだろーな、という先入観がありましたが、意外と会話は成立します。

試しに、スマートフォンを2台用意し、1台目の050番号から、2台目の090番号へ発信したところ、着信は090に比べ遅延することなく反応し、会話も音声が途切れたり、遅れて聞こえたり、など極端に悪い品質ではありませんでした

090番号に比べ明らかに品質は悪い

ここまで「基本的に大丈夫」と表現した通り、「ちょくちょく大丈夫じゃない」こともあります。

2ヶ月間通して、一番多かったのが、コチラが話した内容に対し、聞き手である相手からの「え?もう一度言って!」というやり取り。おそらく、一部音声が聞こえづらいのでしょう。

また、相手からの電話を050番号で着信する場合、「SMARTalk」アプリを起動させ、常にスタンバイ状態にしておく必要がありますが、たまに着信ができなかったり、プッシュ通知が表示されないことがありました。

「SMARTalk」の不具合については、ネットで検索すると多くの報告が挙げられているので、もし導入をご検討されているなら、一度チェックすることをオススメします。

まぁ、当然ですが、「安かろう悪かろう」な特徴はあります。

090番号は受信専用にして050は発信専用にすべき?

さて、ここまで說明してきた通り、050番号は安価な魅力がある一方、090番号に比べると品質面で見劣りする欠点もあります。

また、単純な音質だけの比較のみならず、090番号には050番号にはない大きな強みがあります。

家族や友人は従来の090番号にかけてくる

この050番号を取得するまでは、当然090番号で電話をしていたため、以前からの友人や家族はボクに電話で連絡をする際、090番号にかけてきます。

「今後は050番号にかけてよ!」と言えば対応してくれるかもしれませんが、なんか、恥ずかしいというか・・・笑。友人にとっても、わざわざ電話帳の中からボクを探し、番号を修正してもらうのも申し訳ないなぁ、という気持ちが働いて、伝えられていません。

また、ちょくちょく連絡する相手以外にも、数年ぶりに電話をしてくる、学生時代の友人の場合、彼らは090番号に連絡をしてくるため、結局いつまで経っても、090番号を手放すことが難しそうです。

050番号で発信すると相手は警戒する

それでは、受信は090番号にして、発信は050番号に、という運用も考えましたが、050番号で友人や家族に発信すると、当然相手のスマホ上は、050番号からの着信、と表示がされます。

もし逆の立場だったらどうでしょう。「セールスかな?」、「不審者からの電話かな?」、「なんか面倒だな・・・」、など、ネガティブな反応をすると思います。最悪、無視されるリスクも・・・。

発信先が知人ならLINEの無料電話で 他人なら050番号で

そこで、友人や家族など、発信先が個人の場合なら、大抵LINEで繋がっているので、LINEで電話するようになりました。

LINEなら、050同様に通話料を抑えられますし、何より相手もボクからの電話だと分かります。

そして、発信先がLINEで繋がっていない他人の場合に、050番号で発信するようになりました。

2ヶ月間の中で多かったのが、レストランや居酒屋の予約、また宅配業者へ再配達の電話、などなど。これらは、自分にとって、他人への発信なので、050番号を使って電話をしました。

まとめ:090番号は必要

以上、発信と受信の方法についてまとめると、

発信:相手が個人→LINEで電話

発信:相手が他人→050番号で電話

受信:090番号で電話

となりました。

つまり、ボクにとっては今後も090番号は必要不可欠になりそうです。やっぱり、昔からの人間関係的な意味で、気軽に手放せるものではないですね・・・。

また、それ以外にも、銀行からの本人確認で必要だったり、SMS受信の際に必要だったり、など、今の日本社会では、090番号がないと色々と不便な場面が存在する、というのも理由でした。

〆:状況に合わせて番号を使い分けよう!

以上、090/080携帯番号の必要性! 節約のため格安SIMを050回線(IP電話)で運用できるか? の說明でした。

記事中で登場した「090番号」・「050番号」・「LINE電話」はそれぞれメリット・デメリットがあるため、状況に応じてうまく使い分けれるかが重要です。

携帯電話料金を抑えるために、090番号を捨てることを検討している方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい

『090/080携帯番号の必要性! 節約のため格安SIMを050回線(IP電話)で運用できるか?』へのコメント

  1. 名前:mag 投稿日:2016/09/21(水) 18:31:53 ID:3bd3fbe20 返信

    とっても参考になりました!ありがとう!