スシローが導入しているIT技術(ICタグ/来店予約アプリ)がスゴイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5037_01

先日、回転寿司のお店、スシローへ行ってきました。

1皿100円なので、家族3人で50皿ほど食べましたが、お酒代も込でお会計は7,000円ほど。気軽にお寿司を楽しめる時代ですね。

が、安さ以上に驚いたのが、その最先端のIT技術。予約から注文、分析まで、様々なサービスをITを使って提供されていました。今回はボクが知らなかった2点を紹介します。

スポンサーリンク

①お皿にICタグを装着

客の好みを分析

詳しくは、ITPro Activeの記事をご参照頂ければと思うのですが、

スシローでは、回転レーンに載っているお皿1つ1つに「ITタグ」が装着されていて、客毎の好みを分析し、最適な寿司ネタをレーンに流すような工夫をしているのです。

先日スシローへ行った時、実際にお皿を調べてみましたが、見た目は普通のお皿で特に重くもなく。知っていなければ気付くことはできないでしょう。

ITPro Activeの記事中にもある通り、今まで人の勘や経験という不均一な力に頼ってきた「どんなネタを流すか」という部分を、ビックデータを利用することで、全店舗で均一なサービスを提供できるようにしたこのシステムはスゴイですよね。

廃棄もITで管理

さらに、ICタグを付けることで客の好み分析だけでなく、どのタイミングで寿司ネタを廃棄するか、も把握しているのです。お皿ごとに何mレーンを回ったか、を把握できるため、その「総移動距離」を基準に廃棄を決定しており、寿司ネタ毎にその基準距離は違う模様。

例えば、まぐろだったら、350m以上で廃棄、となっています。

②スマホアプリで来店予約

スシローに来店した時間帯は、土曜日の18:30ごろだったのですが、めちゃくちゃ混雑していて、40分ほど待つことに。が、一方で来たばかりなのに、すぐに呼ばれる人たちもいました。

そう、スシローには「来店予約アプリ」があるのです。

スシローアプリ:iOSAndroid

事前にこのアプリで予約しておけば、お店に着いて10分ほどで席に案内される、というもの。30分前と10分前に事前呼び出しがある点も魅力的ですね。

ボクも次回以降はこのアプリを使うようにしようと心に誓いました。

スシローの印象が変わった

以上、ボクが驚いたスシローで導入しているIT技術でした。

正直、今までスシローは「ただ安いお店」というイメージしかなかったのですが、今となっては、「IT技術を駆使した最先端のお店」という印象に変わりました。

従業員のほとんどは非正規社員で、人員の流動性も高く、お店によってノウハウが偏りがちな飲食業界において、ITの活用によって、どのお店でも均一サービスを受けれるようにする工夫が素晴らしい、と感じました。

とりあえず、皆様もスシローに行く際は、事前にアプリで予約してから、をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする