[ポケモンGO] 日本語でポケモンの生息地を検索できる「P-GO SEARCH」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7607_06

以前、ポケモンGO をプレイする上で、ポケモンの生息地を検索できるサービス「Pokévision」を紹介しました。

本記事では、同様のサービス「P-GO SEARCH」を紹介します。

「Pokévision」とは違って日本語対応しており、かつアプリ上でポケモンを検索できるサービスとなっています。

2016年11月更新:Google Play Storeより削除されたため、Androidでは利用不可能となりました。

スポンサーリンク

「P-GO SEARCH」でできるコト

「Pokévision」同様、「P-GO SEARCH」でも、周辺に生息しているポケモンをリアルタイムで調べることができます。

7607_02

ご覧の通り、日本語対応となっているため、日本人でも操作しやすいインターフェイスとなっています。

「P-GO SEARCH」の使い方

手順①:「P-GO SEARCH」を入手

まず、「P-GO SEARCH」アプリをインストールします。

iPhoneのみ対応で、無料アプリとなっています。

P-GO SEARCH

P-GO SEARCH
開発元:Aki Ueno
無料
posted with アプリーチ

また、Webサイトへアクセスすることでも利用可能です。

手順②:ポケモンの生息地を検索

「P-GO SEARCH」は特に初期設定は不要なので、さっそく使ってみます。

探し方はこれまた「Pokévision」同様、大きく3種類あります。

検索方法①:自分の周囲のポケモンを探す

GPSを使って現在地より、周囲にいるポケモンの種類を確認ができます。

「P-GO SEARCH」起動後、GPSがオンになっている状態で、左上の「捜索開始」をタップすると、現在地周辺のポケモン情報が地図上に表示されます

7607_01

検索方法②:指定場所のポケモンを探す

指定した場所に生息するポケモンの種類を確認する方法となります。

自分が現在その場所にいなくとも、国内外自分の好きな場所に生息するポケモン情報をチェックすることができ、便利です。

ただ「P-GO SEARCH」の場合、その手順が若干面倒です。

まず、地図を動かし、調べたい場所まで移動させます。続いて、右上の「GPS」とあるアイコンをタップし、「常時測位中」へ変更します。後は、左上の「捜索開始」を選択すると、その場所に生息するポケモンが地図上に表示されます。

7607_03

1点注意点が、GPSをオンにした状態でこの一連の作業を行おうとすると、途中で現在地に地図が移動してしまい、その度に調べたい場所まで地図を戻す必要が生じます。

これを回避するために、「P-GO SEARCH」で自分が現在いない好きな場所を調べる際は、GPS機能をオフにします

GPS機能をオフにする方法の一例として、「設定」→「位置情報」と進み、トグルをオフにすればOKです。

7607_04

検索方法③:特定のポケモンにフィルタをかけて表示する

特定のポケモンを地図上に表示させないようにする方法となります。

フィルタを設定したい地図上で、左下の「設定」をタップし、ポケモン一覧から除外したいポケモンを選びます。下記例では「ポッポ」にフィルタをかけると、地図上からポッポが消えます。

7607_05

「Pokévision」との比較

以前記事にした「Pokévision」と比較した「P-GO SEARCH」のメリットは、

強み①:日本語インターフェイスで使いやすい

一番はやはりコレ。

「Pokévision」は表記が全て英語であるため、アレルギーがある方にとって使いにくいサービスでしたが、「P-GO SEARCH」は基本日本語なので、言語に困ることなく利用できます。

強み②:動作が軽い

個人的な感想レベルですが、「Pokévision」に比べ「P-GO SEARCH」の方が動作が軽く、途中で固まる頻度も少ない気がします。

以上が「P-GO SEARCH」のメリットでしょう。また、デメリットとして、

弱み:指定場所のポケモンを探すのが面倒、かも

本記事中でも説明していますが、「P-GO SEARCH」では現在いない場所のポケモンを調べる際、GPSを切った状態で操作しないと、指定場所から現在地の地図へ自動で表示が切り替わってしまいます

その点、「Pokévision」はそのような動作とはならないため、いちいちGPSのオンオフを意識することなく、サービスを利用できる点がメリットがあります。

まとめ:現在地→「P-GO SEARCH」 特定場所→「Pokévision」

以上の比較を整理すると(あくまで個人的な見解ですが・・・)、

現在地周辺のポケモン情報を頻繁に調査するなら「P-GO SEARCH」を、自分が現在いない特定の場所を調査するなら「Pokévision」がオススメです。

色々と使ってみよう

以上、説明でした。

ポケモンGO の「生息地検索系サービス」は、他にもどんどん提供が始まっています

本ブログでも今後取り上げていきますが、まずは自分で使ってみて、一番しっくりくるサービスが何か、チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする