【レビュー】Anker TC930 ウルトラスリムBluetoothキーボードカバー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3024_10

先日購入した、iPad Air向け、AnkerのBluetoothキーボードを紹介します。

スポンサーリンク

【レビュー】Anker TC930 ウルトラスリムBluetoothキーボードカバー。

Anker® TC930 ウルトラスリムBluetoothキーボードカバー iPad Air用

Amazonより到着!

注文後、2日ほどで到着しました。相変わらず、Amazonは便利。

3024_03

開封!

3024_04

箱の外観がコチラ。

3024_05

裏面。

3024_06

開けると、本体と、

3024_07

microUSBケーブル、説明書が入っています。

3024_08

そして、取り出した本体がコチラ。

3024_09

生産性が大幅に向上!魅力的な機能4点。

購入後、1週間ほど経ったので、良い点と微妙な点をまとめます。

まずは、4つの良い点を紹介。

①圧倒的に入力スピードが増した。

3024_10

僕は、iPad Airで、WunderlistEvernoteなどを利用していますが、やはり物理キーで入力できるのは便利!

特に、Evernoteなどで、長い文を入力する際は、タイピングの正確性と速度が大幅に改善されたと感じています。

キーの大きさは、小さすぎるわけではなく、個人的に、ブラインドタッチに大きな支障はないと思います。

②入力キーカーソルの位置を、矢印キーで変更できるようになった。

3024_12

個人的に、Androidと比較した際の、iOSの不満点としてあるのが、「入力キーカーソルの位置」。

文字を入力中、ある部分だけ変更したい!と思っても、タッチパネル上に矢印キーがないため、文字をタップしてカーソルを移動させる必要がありますが、これが面倒くさい。しかも、タッチとなると、中々移動させたい場所に移動できない!

3024_13

ちなみに、もしiOSを脱獄していたら、『SwipeShiftCaret』という脱獄アプリを入れれば、ある程度解決できるようになります。

が、会社用のiOSデバイスだったり、脱獄は怖いという理由だったりで、誰もが脱獄ができるわけではないはず。

だからこそ、Anker TC930にある「矢印キー」を使えば、カンタンにキーカーソルの位置を変更できるようになったのは、とても便利でした!

③iPadの設置が楽。

3024_14

iPadを固定して設置できるカバーは多数あります。その中でも、Anker TC930の設置方法はとてもシンプル。

DSC_0022

iPadを設置すると、画像内の赤丸部分の突起が押され、青丸部分の装置が飛び出してきます。つまり、iPadをAnker TC930に置くだけで、セッティングが完了します。

ちなみにボクは、iPadは2種類、iPad AirとiPad mini 2を持っていますが、miniの方で使っているiPad カバーは設置方法が多少面倒で、いちいち折り曲げる必要があります(下記画像のように)。

DSC_0021

折り曲げタイプの設置に比べ、Anker TC930の設置は非常に楽で気に入っています。

④ショートカットキーが便利すぎる。

DSC_0024

キーボードの上部にはショートカットキーがいくつか備わっています。

その中でも特に便利だと感じる3つの機能が、「コピー」・「ペースト」・「かな英字切り替え」。

上記3点は、利用する頻度が高いため、タッチパネル上で操作せずとも、キーボード上で完結できるのが素晴らしい!

その他にも、音楽の再生・停止や、明るさ変更など、便利なショートカットキーが備わっています。

微妙な点・・・。

では、ここからは微妙に感じた点を2点ほど紹介。

①「enter」キーと「delete」キーが小さく、押し間違いが多い。

DSC_0025

キーボードの中で、押す頻度が高いキーの中に、「enter」キーや「delete」キーが含まれると思います。

だが、Anker TC930のキーは小さい!上記画像にある通り、「enter」キーは他のキーと同じくらいの大きさで、「delete」キーにいたっては、かなり小さい大きさ。

狭いスペース上の配分で、仕方なくこの大きさと配置になったのだと思いますが、押す頻度が高い分、キーが小さいと自然と押し間違えが多発します。

正直、Anker TC930でブラインドタッチが難しい一番の理由は、「enter」キーや「delete」が小さいから、だとボクは感じています。

②たまに、iPad本体とAnker TC930のbluetoothペアリングがおかしくなる。

DSC_0026

たまにだが、ペアリングがおかしくなるときがあります。

iPad側のBluetooth設定内では、ペアリングされたデバイスとして、Anker TC930が表示されますが、なぜか「未接続」状態。タップしても、なぜかうまく繋がりません。

こういうときは、一度ペアリング設定を消去し、また一からペアリングし直すことで改善させてますが、正直面倒。

今のところ、原因は分かっていないです。

iPad向け、Bluetoothキーボードの中ではかなりオススメ!

以上のように、何点か不満点はあるが、ボクの中で、iPad操作の生産性が大幅に向上したのは明らかでした。

Amazonのレビューにもある通り、販売元のAnkerはアフターケアもしっかりしているため、その点も安心できます。

iPadで文字入力を多用する人は、ぜひチェックしてみて欲しい商品です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする