中高年が初めてスマホを始めると 苦労する3つのポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1940_20

先日母親がついにガラケーからスマホデビューを果たしたのですが、現在かなり苦労しているよう

※母親の年齢は60歳間近です。

今回はiPhone 6を購入したのですが、iPhoneに限らずスマホ全般に共通して、中高年が陥りがちなスマホの苦労するポイントがあると感じたので、まとめてみます。

一時期、携帯ショップで働いていた経験も踏まえて、書かせていただきますよ〜。

スポンサーリンク

中高年がスマホで苦労する3つのポイント

①文字を打てない

はい、まずタッチパネルでの文字入力ができません。

今までは、ガラケーだと物理キーで慣れたようにメールや検索をする時に文字を打っていたのに、タッチパネルになった途端、急に難しくなるよう。

配置はほとんど同じはずだと思うのですが・・・。

こればっかりは”慣れ”なので、日頃から積極的に使ってもらいましょう。いずれできるはずです。

当然、いきなり最初からフリック入力は無理だと思いますので・・・。

②電話に出れない

試しに母のiPhoneに電話をかけてみたところ、iPhoneの画面が急に切り替わったことにびっくり。

パニックになって、終了ボタンを押してました

その他、メールの着信があったときの通知など、急に画面にポップアップが出たとき、どのように対処すれば良いか分からず、変なとこを押して、結果として思い通りに操作ができない、というパターンが多かったです。

これも”慣れ”ですが、プラス、慌てないよう、アドバイスしましょう。

③次に何をすれば良いか、分からない

結局、上記①と②もコレに含まれるのですが・・・。

母がiPhoneでメールを初めて作成して、感動している中、急に固まってしまいました。

「どうしたの?」と聞くと、「受信メールに戻るにはどうすれば良いの?」とポツリ。

他にも、「さっきの画面に戻るにはどうすればよいか」、「LINEでメッセージは入力したけど、どうやって送信すればよいか」など、主にインターフェイスの面で困っていることが多かったです。

使い慣れた人や若者なら、初めてのアプリやデバイスでも、直感的に操作ができるはず

さらに母に聞いてみると、どうやら”◀”で”戻る”だったり、”▶”で”再生”だったり、ボクら若者なら当たり前だと思っている記号の意味が分からない様子。その他、文字を大きくするために、ピンチイン・アウトをするのが分からない、などなど。

これは1つ1つ、記号の意味を詳しい人が教えながら、使ってもらうのが良いかもしれないですね。

前途多難・・・

①〜③共通して、解決策は”慣れ”なんだと思います。説明書とかでインプットするより、使いながら覚えたほうが効率的なんじゃないかなーと。

ただ、今回説明したように、最初はメールや電話で苦労するはずなので、スマホを買うか迷っている中高年の知り合いがいたら、アドバイスしておきましょう。「最初は返事が遅くなるよ」と。

さてさて、果たして母はiPhoneを使えるようになるのでしょうか。

正月が終わり、僕も実家からいなくなるので、正直かなり心配です。

今晩とか、いきなり電話でヘルプが来そう・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする