旅行中はスマートフォンの写真自動バックアップ機能に注意! データ通信上限量に達する恐れも

スポンサーリンク

先日、沖縄へ旅行しました。

初めての沖縄だったこともあり、夢中で写真を撮り、気がついたら、400枚を超える数に。「沖縄楽しいな〜、今度は夏に行きたいな〜」なんてウキウキしながら旅行を楽しんでいる中、事件が発生。

なんとスマートフォンのデータ通信量が上限に達し、通信速度制限がかかってしまいました。どうやら犯人はクラウド系アプリの「写真自動バックアップ機能」のよう。

そこで本記事では、旅行中に気を付けたいスマートフォンの写真自動バックアップ機能について紹介します。

photo by MIKI Yoshihito

スポンサーリンク

スマートフォン写真自動バックアップ機能の注意点

写真の自動バックアップが原因で通信制限に

ボクは、楽天モバイルの5GBプランでスマートフォンを使っていますが、3日間のデータ量上限が1GBという設定があり、もし1GBを超えると速度制限がかかります。

旅行中、多少調べ物でブラウジングしたり、地図を見たりはしてますが、決して動画を見たり、ゲームをしたりしたわけではありません。

慌てて、スマートフォンの設定よりアプリ毎の直近のデータ通信量を見ると、写真の自動バックアップ機能が原因で、大量の通信が発生していることが判明しました。

クラウド系アプリの写真バックアップ設定を見直そう

「オンラインストレージ」や「クラウド」というワードを聞いたことあるでしょうか。

有名どころだと「Dropbox」や「OneDrive」ががありますが、クラウド系アプリを使えば、写真や文書などのファイルをスマートフォンやPC本体に保存するのではなく、インターネット上に保存して、いつでも参照・編集ができるようになります。

また、最近のアプリではスマートフォン向け「写真の自動バックアップ」機能が搭載されており、スマートフォンで写真を撮影すると、手動で操作する必要なく、自動でインターネット上に写真がバックアップされる、というサービスです。

バックアップにより、万が一スマートフォンを紛失したり、故障してデータが消失しても、写真は別の場所にも保存されているため、安心して利用ができるメリットがあります。

ボクも「Googleフォト」というクラウドアプリで写真の自動バックアップ機能を設定していました。ただ失敗したのが、「Wi-Fi環境下でのみバックアップ」ではなく、「モバイルデータ通信でもバックアップ」の設定をしていたため、旅行で移動中に写真を撮る度に、楽天モバイルのデータ通信量を消費して1枚2-3MBする画像データをクラウドへ自動アップロードしていました。

「Wi-Fiでのみバックアップ」設定がオススメ

以上の通り、クラウド系アプリの写真自動バックアップ機能は便利な反面、データ通信量の上限に達するリスクもあるため、気をつけて使う必要があります。

そこでオススメしたいのが「Wi-Fiでのみバックアップ」設定です。これなら、ホテルのWi-Fiに繋がったときに、バックアップが始まるので、毎日1回はバックアップができる環境になります。

特に旅行中は大量の写真をスマートフォンで撮影するケースが多いため、出発前に写真の自動バックアップ機能を「Wi-Fi接続時のみ」としておくべきです。

そこで下記より具体的な設定方法として、クラウド系アプリの代表格である「Google フォト / Dropbox / OneDrive」3つについて手順を說明しています。

その①:「Googleフォト」での設定手順

1つ目に「Googleフォト」アプリで写真の自動バックアップを「Wi-Fi接続時のみ」とする方法です。

Googleフォト

Googleフォト
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

まず「Googleフォト」起動後、左上のアイコンをタップし、

「設定」へ進みます。

項目一覧より「バックアップと同期」を選び、

上部のトグルがオンになっていれば、自動バックアップ機能が働いています。

次に、下部にある「バックアップの設定」から「写真のバックアップ」を選択。

ここで、「Wi-Fi経由またはモバイルネットワークを使用」を選択すると、際限なく写真のバックアップが行われるため、すぐにデータ上限に達してしまいます。

下の「Wi-Fi経由のみ」を選びましょう。

以上で設定完了です。

その②:「Dropbox」での設定手順

2つ目に「Dropbox」アプリで写真の自動バックアップを「Wi-Fi接続時のみ」とする方法です。

Dropbox

Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

まず「Dropbox」を起動し、左上のアイコンをタップし、

上部の歯車アイコンを選びます。

そして下部にある「カメラアップロード」より「カメラアップロードをオンにする」をタップします。

カメラアップロードの設定状況を確認できます。続いて「アップロード方法」をタップ。

アップロード方法は「Wi-Fi」のみを選択しましょう。

以上で設定完了です。

その③:「OneDrive」での設定手順

3つ目に「OneDrive」アプリで写真の自動バックアップを「Wi-Fi接続時のみ」とする方法です。

Microsoft OneDrive

Microsoft OneDrive
無料
posted with アプリーチ

まず「OneDrive」を起動し、左上のアイコンをタップします。

左下の「設定」へ進み、

「オプション」より「カメラアップロード」をタップ。

カメラアップロードのオン/オフを選べます。

続いて、「使用するアップロード」をタップ。

「Wi-Fiのみ」を選びましょう。

以上で設定完了です。

〆:旅行中は写真自動バックアップに注意!

以上、旅行中はスマートフォンの写真自動バックアップ機能に注意! データ通信上限量に達する恐れも の說明でした。

「ホテルに帰る前でも早くバックアップしたい!」という方や「データ上限がたくさん余っているから大丈夫!」という方を除き、基本的に旅行中は「Wi-Fiでのみ」写真をバックアップする設定へ変更することをオススメします。

ボクは旅行中、速度制限がかかった影響でろくに調べ物ができず、一緒に行動していた連れに迷惑をかけてしまいました。

ぜひ、旅行前にチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい