旅行中はスマホの写真バックアップ機能に注意!アプリ毎の確認方法。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4397_16

先日、沖縄に旅行へ行きました。

初めての沖縄だったこともあり、夢中で写真を撮り、気がついたら、400枚を超える数に。

沖縄楽しいな〜、今度は夏に行きたいな〜、なんてウキウキしながら旅行を楽しんでいる中、事件が発生。

スポンサーリンク

スマホのデータ量が上限に達し、通信速度制限に。

・・・え。

正直、焦りました。

ボクの場合、楽天モバイルの5GBプランでスマホを使っていますが、3日間のデータ量上限が1GBという設定があり、もし1GBを超えると、速度制限がかかりめちゃくちゃ遅くなります。

旅行中、多少調べ物でブラウジングしたり、地図を見たりはしてますが、決して動画を見たり、ゲームをしたりしたわけではありません。なのに、1GBに達したって・・・。まさか不正アプリがインストールされてる?

慌てて、スマホの設定より、アプリ毎の直近のデータ通信量を見ると、

写真の自動バックアップが原因で、大量の通信が発生していることが判明。

これです。ぶっちゃけ、これを皆様に伝えたくて、この記事を書いています。

皆様、オンラインストレージとか、クラウドとか聞いたことあるでしょうか。

有名どころだと、Dropboxとか、OneDriveとか、がありますが、要するに、写真や文書などのファイルを、スマホやPCに保存するのではなく、インターネット上に保存しましょう、というサービスです(ものすごく、ざっくりと説明してます)。

そして、これらのスマホ向けアプリに最近標準搭載されている機能が「写真の自動バックアップ」。設定をオンにしておけば、スマホで写真を撮影すると、特に操作する必要なく、自動でインターネット上に写真がバックアップされる、というもので、万が一、スマホを紛失しても、故障してデータが消失しても、バックアップがあるから、安心だよね!というメリットがあります。

かくいうボクも、大の「バックアップ好き」。そのため、Google フォトの自動バックアップ機能を、特にデメリットを考えず、オンにして利用してました。

しかし、ここに落とし穴があったのですよ・・・。何かというと、スマホで撮影した写真を自動的にクラウド上でバックアップする設定がオンになっていると、モバイルデータ通信の上限にすぐに達してしまうリスクがある、という点です。

今回の旅行では、Google フォトのバックアップ機能により、たった一日で1GBに達してしまいました。どんだけ写真撮ったんだよ・・・。

この事実が判明したため、すぐにGoogle フォトのバックアップ機能をオフに。

とはいえ・・・

旅行中でも写真のバックアップはしたい。

というのも事実。そこで、”モバイルデータ通信”接続時は自動バックアップはしないが、”Wi-Fi”接続時のみ、自動バックアップする、という設定に変更しました。これなら、ホテルのWi-Fiに繋がったときに、バックアップが始まるので、毎日1回はバックアップができる環境になります。

本記事で最も伝えたいことは、旅行に行くときは、写真の自動バックアップ機能を”Wi-Fi接続時のみ”にしましょう!という点です。

やり方が分からない!という方、安心して下さい。アプリ別に設定の確認方法を記載してますよ。

本記事では代表的な写真自動バックアップ機能を有するアプリ「Google フォト」・「Dropbox」・「OneDrive」について、解説をしてます。

(Google DriveやiCloudを愛用している方、ごめんなさい・・・。)

その①:Google フォトの場合

Google フォト起動後、左上のアイコンをタップ。

4397_01

「設定」をタップ。

4397_02

「バックアップと同期」をタップ。

4397_03

上部のトグルがオンになっていれば、自動バックアップ機能が働いています。

次に、下部にある「バックアップの設定」から「写真のバックアップ」を選択。

4397_04

ここです。ここで、「Wi-Fi経由またはモバイルネットワークを使用」を選択すると、際限なく写真のバックアップが行われるため、すぐにデータ上限に達してしまいます。下の、「Wi-Fi経由のみ」を選びましょう。

4397_05

その②:Dropboxの場合

Dropboxを起動。

左上のアイコンをタップ。

4397_06

上部の歯車アイコンをタップ。

4397_07

下部にある「カメラアップロード」より「カメラアップロードをオンにする」をタップ。

4397_08

カメラアップロードの設定状況を確認できます。続いて、「アップロード方法」をタップ。

4397_09

アップロード方法は「Wi-Fi」のみを選択しましょう。

4397_10

その③:OneDriveの場合

OneDriveを起動。

左上のアイコンをタップ。

4397_11

左下の「設定」をタップ。

4397_12

「オプション」より「カメラアップロード」をタップ。

4397_13

カメラアップロードのオン・オフを選べます。

続いて、「使用するアップロード」をタップ。

4397_14

「Wi-Fiのみ」を選びましょう。

4397_15

旅行中は写真自動バックアップに注意!

ホテルに帰る前でも、早くバックアップしたい!という方や、データ上限がたくさん余っているから大丈夫!という方、また、普段の日常生活でたまに撮影する写真程度なら(データ量がわずかであるはずなので)、モバイルデータ通信によるバックアップをオンにする選択肢もアリだと思います。

ただ、それ以外の方は基本的に旅行中はWi-Fiでのみ、写真をバックアップするようにしましょう。

ボクは旅行中、速度制限がかかった影響で、ろくに調べ物ができず、一緒に行動していた連れに迷惑をかけてしまったので・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする