【Androidアプリ】まだ画面の向きを固定してるの?『Rotation Lock Adaptive』で自由に変更しよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4626_10

スマホは普段、縦向きに持っているため、画面も縦に表示している人も多いと思います。

が、例えば、ベッドの上で寝っ転がって利用するとき、画面の自動回転をオンにしてると、スマホが横画面になって見にくい!と感じたことありませんか?(ボクは何度もあります笑)

一方で、動画や写真を見る時は横画面で見たいので、その度にいちいち『設定』アプリを開いたり、『クイック設定』を開いたりして、「めんどくせー」と感じたこと、ないでしょうか。

今回はそんな方にオススメしたい画面の向き調整アプリ『Rotation Lock Adaptive』を紹介します。

スポンサーリンク

設定は超カンタン!でも超ベンリ!

アプリ概要

Google Play:Rotation Lock Adaptive (Free)

価格:無料

設定手順

まずはインストールし、ホーム画面に配置しましょう。

あとは、アプリアイコンをタップして『Rotation Lock Adaptive』を起動したら、準備完了。

4626_01

さっそく使ってみましょう。

その前に、このアプリの機能を分かりやすく説明するために、『画面向き』は縦で固定して下さい。

画面向きの固定については、いくつか方法がありますが、下記画像のように、『設定』アプリ内の『ディスプレイ』から、『端末が回転したとき』をタップすることで設定ができます。

4626_03

では、続いてホーム画面でスマホを横向きにしてみて下さい。先ほど画面向きを縦で固定したため、当然画面向きは変更されないのですが、下記画像のように、中央に薄っすらと、アイコンが表示されるはずです。

4626_02

このアイコンをタップすると、

4626_04

向きを固定しているにも関わらず、横向きに変更がされました。

このように、この『Rotation Lock Adaptive』を起動していれば、基本縦向きでスマホを利用しつつ、横にしたいタイミングのときだけ、画面をタップするだけで、横向きに変更できる、という非常に便利なアプリなのです。

オススメの追加カスタマイズ

メインの説明は以上ですが、追加でオススメの追加設定を解説します。

アプリの自動起動をオンにしよう。

『Rotation Lock Adaptive』は電源を再起動すると、設定がオフになります。その度にアプリをタップして起動させるのは面倒。そこで、『Rotation Lock Adaptive』のアプリアイコンをタップし、『AutoStart』をオンにしましょう。

4626_05

これで、電源を落として、再起動しても最初からアプリがオンになります。

通知バーを非表示にしよう。

『Rotation Lock Adaptive』は起動中、通知バーに常駐して起動していることを示しますが、正直邪魔です。

一応、アプリの設定項目の中にも、下記のように、通知バーの非表示についてカスタマイズできるようになってますが、これは有料版のみの模様。

4626_06

そこでAndroid本体の設定項目をいじくって、無理やり通知バーに表示されないようにしましょう!

『設定』アプリを開き、トップ画面より『音と通知』をタップ。

4626_07

続いて、『アプリの通知』をタップ。

4626_08

アプリの一覧が表示されるので、通知バー表示をカスタマイズしたいアプリを選択します。今回は『Rotation Lock Adaptive』を選択。

後は下記画像のように、『このアプリからの通知を表示しない』をオンにすればOK。

4626_09

これで通知バーに表示されなくなりました!

Android必須アプリ、かも

以上がアプリの説明となります。

地味〜な機能ですが、ボクの中ではなくてはならない、必須アプリになっています。オススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする