ボクがiPhoneではなくAndroidをメインに使っている理由。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4800_02

ボクは現在、メインスマホとしてNexus 6Pを利用しており、検証機としてiPhoneを保有しています。

※保有しているガジェット類については、プロフィールをご参照下さい。

過去にiPhone 4SやXperia Z1をメインスマホとして利用していたため、iOSとAndroidの特徴について、一通り把握したボクは、結局、現在はAndroidのスマホであるNexus 6Pに落ち着いています。

なぜiPhoneではなく、Androidなのか。その理由をボクなりに記事にしました。

スポンサーリンク

答え:自由度が圧倒的にAndroidの方が高いから。

本記事のまとめがコレです。

スマホを使っていて、「こんなアプリあったらいいな、こんな使い方できたらいいな」という願望に対し、Androidは大抵の場合、答えが用意されていますが、iPhoneの場合、答えがないか、又は実現するハードルが高い、と思っています。

Androidは大抵、何でもできる。

具体例を挙げます。

分かりやすい特徴の1つとして、Androidならホーム画面を自由にカスタマイズできます。

4800_01

ウィジェット機能を使って、検索アプリの配置もできますし、カレンダーを表示することもできます。

また、ランチャーアプリを使えば、アプリアイコンの大きさや、縦・横の配置数なども変更が可能です。

また、アプリも自由度が高いものが多く用意されています。

ボクの場合だと、動画系のアプリをバックグラウンド再生させたい、というニーズがありましたが、iPhoneだとその”答え”が当時用意されていませんでした(厳密にいえば、脱獄すれば可能でした)。

が、Androidなら、アプリで解決ができます。

ニコニコ動画ならニコブラウザがそうですし、YouTubeならPVSTAR+があります。

上記は一例ですが、このように「こんなアプリが欲しい!」と思った時、「Androidならあるけど、iPhoneならないのかぁ」という場面が多くありました

※現在ではiPhoneでYouTubeやニコニコ動画をBGMとしてバックグラウンド再生させる方法があるみたいですね。

脱獄すればiPhoneも自由度が高まる。けどハードルが高い。

ボクも実際にしてましたが、iPhoneは脱獄すれば、自由度がかなり高まります。

上記に記述した、「iPhoneではできないこと」の一例である、ホーム画面のカスタマイズやアプリのバックグラウンド再生も、脱獄アプリで解決できちゃいます。

が、あくまで脱獄は非正規方法で、Appleが認めた手段ではありません。iOSがバージョンアップされる度に脱獄手法は塞がれますし、脱獄中に突然フリーズし、操作できなくなっても、修理対象外になってしまいます。

その点、Androidは正規のアプリで実現できます。また、一部Google Playでは認められていないアプリでも、apkを直接Android本体にダウンロードすれば、非正規アプリもカンタンにインストールできます。

iPhoneはAppleの縛りが強い。

iPhoneの自由度が低いというのはつまり、Appleの意向が強く働いているんですよね。

例えば、メールのリンクを開く時、iPhoneだとブラウザは強制的にSafariで開くと思いますが、Androidの場合、利用するブラウザを選択できます。地図もiPhoneの場合、Google Mapではなく、Appleの地図アプリで開かれますが、Androidなら変更できます(もちろん、iPhoneも脱獄すれば、デフォルトアプリの変更方法はあります)。

アクセサリについても、Androidはmicro USBという、非常に汎用性のあるコネクタを使って充電などができますが、iPhoneの場合、Lightningコネクタという、Apple独自の充電ケーブルを使っているため、iPhone用にケーブルが1つ増えてしまいます。

このようにiPhoneは総じて、Appleの「みんな俺に任せて、付いて来い!」という雰囲気を強く感じます。

とはいえ、やっぱりiPhoneは好きです。

ここまで書くと、ボクがアンチiOSだと思われるかもしれませんが、決してそんなことありません笑。

現にメインタブレットのOSはiOSであるiPadを利用してますし。

ただ、自分がメインで使うことを考えると、自由度が高い端末がいい、と感じるため、Androidスマホを利用しています。そのため、万人にとって、iPhoneよりAndroidが良い、とは全く思ってないです。

例えば、本記事で書いた、iPhoneの「Appleの縛りが強い”」という特徴は、逆にいえば、Appleがウイルスや不正ソフトからユーザーを守ってくれていることを意味しています。また、「自由度が低い=みんな同じような使い方をしている」とも言えるので、操作が分からなくなった場合、友人やネットで質問すれば、カンタンに答えを見つけることができます

また、ボクは昔から若干アウトローなことが好きなので、iPhoneの縛りが強いからこそ、縛りを解放できる「脱獄」という手法に魅力を感じて、実際に何台も脱獄させてました笑。

人それぞれに、最適なスマホというのがあると思うので、あくまで本記事は参考程度に見てくれれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする