[Android] どんなアプリ画面上にもウィジェットを表示する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7347_06

iPhoneと比較したAndroidの魅力の1つが、豊富なウィジェットの数々にあります。

ホーム画面に自由に好きなアプリのウィジェットを配置することで、より便利に自分だけのスマホをカスタマイズできます。ただ、基本的にウィジェットを配置できるのは、あくまでホーム画面上のみ、となっています。

が、あるアプリをインストール活用することで、どんなアプリ画面上にも好きなウィジェットを表示できる方法があるので、紹介します。

スポンサーリンク

どんなアプリ画面上にもウィジェットを表示する方法

手順①:「flippr」をインストール

まず、今回の方法で必要となるアプリ「flippr」をインストールします。基本仕様は無料です。

flippr - flip widgets anywhere

flippr – flip widgets anywhere
開発元:A Little Spark
無料
posted with アプリーチ

手順②:「flippr」を初期設定

続いて初期設定をします。

アプリを最初に起動すると「チュートリアルが必要か」といった確認ポップアップが出るので、「No」を選択。続いて、上部にある再生アイコンのような矢印があるのでタップ。するとアプリがまずオンになり、画面中央左側に半円が表示されるようになります。

7347_01

手順③:好きなウィジェットを設定

いよいよここから、任意の画面上に表示させたいウィジェットを設定します。

上部にある+アイコンをタップすると、「どんなグループを作りますか?」を表示されるので、「Widget」を選択。グループ名を求められるので、ウィジェットに合わせた好きな名前を設定しましょう(日本語可)。

下記例では、カレンダーウィジェットを設定するので、「カレンダー」としました。

7347_02

グループ作成ができたら、歯車アイコンをタップし、ウィジェットを追加します。上部+アイコンより設定したウィジェットをタップして下さい。

下記例ではカレンダーを表示するウィジェット「Event Flow Widget」を選んでいます。

7347_03

ウィジェットを選ぶと、「flippr」アプリ上でウィジェット設定をしても良いですか、といった権限確認が出るので、アクセス許可を選びます。すると、通常ホーム画面にウィジェットを配置する際に表示されるウィジェット初期設定画面になるので、任意の設定を施します。

以上で準備は完了。

7347_04

画面中央左側に表示される半円を、好きなアプリ上でタップすると、ホーム画面でなくても設定したウィジェットが現れます

7347_05

いつでもどこでもウィジェットをチェックできる

以上、説明でした。

今回紹介した「flippr」を使うことで、ホーム画面に戻らずとも、好きなタイミングでウィジェットのチェックができるようになります。

ウィジェットを頻繁に確認するなら、ぜひ設定してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする