[Android] アプリをマテリアルデザイン風アイコンに変更できる「Materialize」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7740_06

マテリアルデザイン」というワードがここ数年、ネット上で多く見かけますが、まだまだ対応できていないアプリのアイコンも多くあります。

本記事では、Android向けにアプリのアイコンをマテリアルデザイン風に変更できる「Materialize」を紹介します。

スポンサーリンク

マテリアルデザインとは?

そもそもマテリアルデザインとは何でしょうか?

簡潔に説明すると、現実世界のルール(影や奥行きなど)を採用することで、ユーザーにとって直感的な操作を実現できるデザインのことです。

まぁ詳細は「マテリアルデザイン」とでもググってみて下さい。非常に多くのサイトが解説記事を書いてくれてますので。

Googleの公式ページにもマテリアルデザインの定義について記載があるので、合わせてどうぞ(英語)。

アプリアイコンをマテリアルデザイン風に「Materialize」

手順①:「Materialize」を入手

まずは、「Materialize」をAndroidへインストールします。

Materialize

Materialize
開発元:oxo
無料
posted with アプリーチ

手順②:「Materialize」でマテリアルデザイン風に

インストールできたら、さっそく起動します。

マテリアルデザイン風に変更できるアプリ一覧が表示されるので、任意のアプリを選択します。

7740_01

続いて、デザインの「」・「大きさ」・「」の3種類を自由にカスタマイズできるので、好みのデザインにします。

調整ができたら、後は右下にある「ADD TO HOME」をタップすれば、ホーム画面に作成したアプリのアイコンが表示されます。

7740_02

下記の通り、同じアプリでもデザインは微妙に調整できます。丸い形が好きなら、例えば全てのアプリアイコンを「丸」に変更、などなど、ホーム画面のアプリアイコンに統一感を出すこともできます

7740_03

Google系アプリやプリインアプリについて

ちなみに、初期設定のままだと、Google系アプリやプリインストールアプリはアプリ一覧に表示されません。

これは、どちらも元々マテリアルデザインとなっている(はず)であるため、というのが理由のよう。

ただ、「アプリアイコンを全て丸に統一したい!」などの目的で、これらのアプリもカスタマイズするニーズも当然あります。

そこで、「Materialize」を起動し、画面右上アイコンをタップ後、「Show system apps」にチェックを入れ、ポップアップも「SHOW SYSTEM APPS」を選ぶと、以後アプリ一覧にGoogle系アプリやプリインストールアプリも表示されるようになります。

7740_04

Chromeのアイコンを四角い形にすることもできちゃいます。

7740_05

カンタンにカスタマイズでき オススメ

以上、説明でした。

「Materialize」は調整できる項目が少ないからこそ、誰でもカンタンに操作してアイコンをカスタマイズでき、オススメなアプリとなっています。

「マテリアルデザイン風アイコンにしたい!」・「アプリに統一感をもたせたい!」という方は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする