Pyrope Browser – Android最速/広告非表示/夜間モード搭載/Chromiumベース 無料ブラウザアプリ

スポンサーリンク

Androidをお使いの方なら、Google Chromeをブラウザとして愛用している人も多いでしょう。

また、機種によってはChrome以外で標準設定されているブラウザもありますし、サードパーティ製としてFirefoxOperaなど、PC版で馴染みのあるシリーズをデフォルトブラウザにしている人もいます。

そんなボクも長い間Chromeを愛用していましたが、最近知った「Pyrope Browser(パイロープ ブラウザ)」というアプリが非常に快適で、自分の中でデフォルトブラウザになりつつあります。

そこで本記事では、一部で「Android最速」ともいわれる無料ブラウザアプリ「Pyrope Browser」を紹介します。

スポンサーリンク

Pyrope Browser – できるコト

軽快な動きに特化した最速ブラウザ

「Pyrope Browser」はCPUの使用量を抑え、表示の早さや快適な操作性が魅力のブラウザです。

日本語の記事ではライフハッカーで紹介されている通り、後述する広告カット機能を組み合わせると、Google Chromeより読み込み速度が速いという数値結果も出ています。

また実際に同じWebページをChromeとPyrope Browserの両方で読み込んで比較してみると、Pyrope Browserの方が速く感じます。1つのページに多くの広告が表示されるサイトで特にその傾向は顕著でした。

不自然なく正確に広告をカット!

広告カットを売りとするサードパーティ製ブラウザは他にもありますが、「Pyrope Browser」を現在まで使っている感じとして、正確にページ内の広告をカットし、かつ不自然なく広告がなくなった隙間が補正されています。

夜間モードもあり!

さらにブラウザ独自の夜間モードも用意。

サイト内の色を反転させ、夜でも疲れず画面を見ることができます。

Chromeと操作性はほぼ同じ「Chromiumベース」

Chromiumベースという言葉をご存知でしょうか?

Chromium(クロミウム)はオープンソースのウェブブラウザのプロジェクト名で、Google Chromeはこのソースコードを引き抜いて開発されたものである。・・・(Chromiumは)Googleによるいくつかの追加機能を除いて、Google Chromeの最新ビルドと本質的に似ている。

Google Chromeの兄弟ブラウザのようなもので、ChromiumベースのブラウザはChromeと操作性やデザインがかなり酷似していることが多いです。

実は「Pyrope Browser」もこのChromiumベースに該当するため、見た目上は非常にChromeに似ています。

そのため「Google Chromeに慣れてるから他のブラウザに変更できない!」という方でも、「Pyrope Browser」なら違和感なく操作できるデザインになっています。

Chromeを使っているAndroidユーザーは試す価値あり

以上の通り「Pyrope Browser」には様々な魅力があり、かつChromeと操作性が似ているため、すぐに慣れることもできます。

もちろんChromeと比較した欠点もあり、例えばブックマークの使い勝手が悪かったり、PC版ブラウザとの連携に難があったり、などすぐに気付いたデメリットもありました。

ただ、Androidのモバイル端末で、集中してブラウジングできるアプリを重視するなら「Pyrope Browser」は一度試す価値のあるオススメアプリだと感じます。

Pyrope Browser – 使い方

手順①:アプリ入手

まず「Pyrope Browser」をインストールします。

Pyrope Browser

Pyrope Browser
開発元:Ninnix
無料
posted with アプリーチ
  • Android 要件:5.0 以上
  • 価格:無料

手順②:各種設定

インストールができたらさっそく起動します。

初期設定のままでも快適に使い始めることは可能ですが、いくつか細かい設定方法を見ていきます。

設定はChromeと同じく、右上アイコンよりメニューを開き、「設定」へ進むと、

ブラウザの設定画面が表示されます。

設定のトップ画面内では「ホームページ」・「検索エンジン」・「エッジナビゲーション」・「夜間モード」がチェック箇所でしょう。

「ホームページ」を変更

「Pyrope Browser」を起動した際、最初に開くページのこと。デフォルトではGoogleトップ画面が設定されているので、好みのサイトを登録します。

「検索エンジン」を変更

「Pyrope Browser」で検索をした際に利用する検索エンジンを決めます。デフォルトでは「Launcher3」となっているので、Google派やYahoo! 派は適宜変更しましょう。

スワイプで戻る/進むを操作

「エッジナビゲーション」をオンにすると、iOSのように画面端から左右にスワイプすることで、戻る・進むを操作できるようになります。iOSの操作性に慣れている人にとって便利な機能です。

「夜間モード」

「夜間モード」をオンにすると、ページ内の色が反転し、夜や暗い場所でスマホを使う際に見やすくなります。

プライバシーとセキュリティ設定

また設定内の「プライバシーとセキュリティ」へ進むと、さらに細かい設定項目が並びます。

この中で、広告非表示とするなら「デフォルトのサイトの設定」で「広告」をオフにします。

〆:一度はお試しあれ!

以上、說明でした。

ちなみに記事内で紹介した機能のほか、YouTubeのバックグラウンド再生にも対応しているため、「Pyrope Browser」上でストリーミング再生すればBGMとすることも可能です。

Android版Firefox - スマホやタブレットでYouTubeをバックグラウンド再生する設定方法
Android版Firefox - スマホやタブレットでYouTubeをバックグラウンド再生する設定方法
スマホやタブレットでYouTubeを視聴する際、アプリを開いていないときも再生(=バックグラウンド再...

ブックマーク機能が使いづらく、既存のブラウザと比べ欠点がないわけではありませんが、「単純にブラウジングに集中したい!」という方にはサクサクページを読み込めるので、大変オススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい